国会改革へ超党派議連発足

(写真:ワードリーフ/アフロ)
 来年4月末までの国会改革の実現を目指す超党派の議員連盟「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」(会長・浜田靖一元防衛相)が6月28日、発足した。

 これは自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が主導したもので、小泉氏は事務局長を務める。

 国会内で開いた設立総会には与野党含め約100人が出席。無所属の細野豪志元環境相といった野党の大物の姿もあった。