東京のランドマークと川から自撮り!【初夏のTOKYOリバークルーズ】

YAMAHA Marine Club River Cruise
 江戸時代には「東洋の水の都」と呼ばれるほど川が欠かせない存在だった東京。今も東京の真ん中を流れる川をたどったら、知らなかった東京の風景が広がっていた! 今回は海や川で多彩なレジャーに人気のボート〈AS-21 WB〉に乗って、3人のインスタグラマーが東京リバークルーズを体験。近未来感漂う湾岸エリアから、江戸情緒も広がる神田・日本橋エリアまで、浴衣姿で夏の舟遊び気分を満喫しました!
[1.ニューポート江戸川から浴衣姿で出発]ヤマハマリンクラブ・シースタイルで利用できるニューポート江戸川から出発。定員6名のボート〈AS-21WB〉を平日6時間料金1万4500円(6〜9月)でレンタル!(燃料代別)

Tokyo River Cruise!!
江戸情緒あり近未来感ありの川めぐり!


 クルージングというと広々とした海を楽しむイメージも強いけれど、この日は東京ならではの“都心のリバークルーズ”へGO! まずは出発地点のニューポート江戸川から旧江戸川を下り爽快なスピードで湾岸エリア、そして荒川河口へ。ここでは、砂町運河や巨大な荒川河口橋など普段、至近距離で眺めることができないスポットに接近。広々とした墨田川を遡上して永代橋や両国橋といった由緒ある橋の下をくぐり東京スカイツリーが見えるポイントへ! ここでは川からしか撮れないレアショットを撮影することができた。

 墨田川を少し下り神田川へ入ると水深も浅く川幅も狭まるのでボートは減速。浴衣姿も相まって風流な舟遊び気分も盛り上がる。橋の上からボートを眺める人の視線も心なしかうらやましそう。日本橋川に入るとまた景色が一変する。首都高の影で涼しさも増し、天井の低い橋の下をくぐると地下水路を探検しているような気分。そして目的地・日本橋では川からしか撮れないショットを撮影できてインスタグラマーたちも大満足!

 見どころ満載の東京リバークルーズを、ボートレンタルでマイペースに楽しんだ一日だった。
[2.東京湾岸エリアは爽快&豪快さを満喫]葛西臨海公園の近く、荒川に架かる荒川河口橋。巨大建築が好きな人は必見
[3.川からしか撮れない東京スカイツリーのレアショット]墨田川付近の名所といえば東京スカイツリー。墨田川のとあるポイントからは、実際の姿とビルに映った姿の“2つの東京スカイツリー”を撮ることができる。これは川からしか撮ることのできない、東京スカイツリーのレアショットだ。[4.川から眺めると、いつもの街が違って見える]神田川に入ると、よく通る道や橋、電車など普段の街の風景を川から眺める楽しさがあふれる。川からは、いつもは見えない角度で橋を眺めることができるので、それぞれの個性的なデザインをよく観察してみよう。
[5.「首都高&日本橋」の光景が見られるのもあと数年!?][6.夢の島マリーナでゆったりランチ]リバークルーズを終えたら、夢の島マリーナに停泊(要予約)。さまざまなボートやクルーザーが並ぶ光景にバカンス気分。マリンセンターのレストランで海の幸を使ったメニューを堪能!

インスタグラマーたちも大満足!
初の東京リバークルーズのベストショットは?


さあやさん
「スカイツリーと撮ってみました!浴衣を着て船に乗る機会はなかなかないので、すごく楽しかったです。女子会でもデートでも楽しめるなと思いました。屋形船とはまた違ってスピードも出るボートに、また浴衣で乗りたいです!」

あやのさん
「ランチ前に、クルーザーたちをバックに撮ってみました♥ 晴れていて、とても気持ちよかったです!♥」

SHOJIさん
「日本橋を真下から見る事なんて今までなかったので感動と驚きでした。上を通る首都高も地下移設の噂もあるみたいなので、今の日本橋の姿をまた見にきたいです」
東京リバークルーズにおすすめのマリーナはこちら!

勝どきマリーナ
【住所】中央区勝どき3-15-3【URL】http://kachidoki-marina.com/

ニューポート江戸川
【住所】江戸川区東葛西3-17-16【URL】http://www.newportmarine.co.jp/

MG MARINE(エムジーマリーン)
【住所】千葉県市川市大和田2丁目19番6号【URL】http://www.mgmarine.co.jp/

★その他、レンタルボートやマリーナ情報などはこちらから
ヤマハマリンクラブ・シースタイル
【URL】https://sea-style-m.yamaha-motor.co.jp/