インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.33 Leola

 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。

   今回は、8月1日にミニアルバム『LOVE, LIFE & LAUGHTER』をリリースする、Leolaさんです。

テレビで歌っている人たちみたいに私もなりたいと思った

――子どものころの夢を教えてください。

お花屋さんとか、ケーキ屋さんとか。みんながなりたいと思うものになりたいと思っていましたけど、小学校の高学年ぐらいからは歌いたいと思うようになっていたと思います。……なぜそうなったのか覚えていないんですけど、テレビで歌っている人たちみたいに私もなりたいと思ったんだと思います。ただ純粋に歌うのが好きだったんです。歌が好きな家族に囲まれて、みんなで一緒に歌いながら育ったんです。母とは子守歌や童謡の本を見ながら、出かけたときはカーステレオに合わせて歌いました。

――そのころの、Leolaさんはどんな女の子だったのですか?

かなり活発で、かなりおてんばだったと思います。小学生のころ、すごく山奥に住んでいた時期があって、頑張れば30分ぐらいの道のりを、花を摘んだり木の実を拾ったりしながら道草して、家に着くまで3時間ぐらいかかったり。あまりにも遅いって、車で迎えに来られることも時々ありました。今、自然がすごい好きなのはその頃の影響なんだろうと思います。

――いま、アーティストとして活動されています。歌いたいという夢が、より明確に、目標になったきっかけは何ですか?

いま考えてみると、きっかけだったかなと思うのは中学1年生の時に親戚の前で歌ったことだと思います。ちょっとしたお祝い事があって、小さなステージで、『月のしずく』(RUI、柴咲コウの別名義)を歌いました。「上手だね」ってほめてもらえたのが、すごくうれしくて。ステージで歌うって楽しいな、ほめられてうれしいな、もっと歌いたいなって思ったんです。そこからですね、受けはしませんでしたけど本屋さんでオーディション雑誌をコソコソ覗いてみたり、発表会やステージで歌えるような機会があれば、歌ってみたいと思っていました。

――現在のような活動を始めるきっかけはオーディションだったと思いますが、それはもっと後になってから?
 
大学に進学して上京してからです。高校時代に音楽が好きな子で集まってバンドを組んで、そこでボーカルをやったんですけど、そこでより具体的になったんだと思います。YUIさん、中ノ森バンド、東京事変、アヴリル・ラヴィーンとか、メンバーそれぞれが好きなアーティストや楽曲をコピーしつつ、オリジナルの楽曲も作って。だんだん「歌いたい」という夢に挑戦もしないで終わりたくないという気持ちが強くなってきました。大学では軽音サークルで活動するんですけど、それと同時に、履歴書やデモを送ってみたりしていました。LDHのオーディションを受けたのは、その頃のLDHには女性シンガーがあまりいなかったし、チャンスがあるかなって。バンドをやっていたこともあって、ダンス&ボーカルユニットで歌うというイメージは自分になかったですし、とにかく自分がどこまで行けるものか試してみたかったんです。

――今はアーティストとして活躍されています。「夢は実現した!」という感覚はありますか?

……そうですね。「よくここにいるな」ってってところに立っていると思います。これは現実なのかと思うこともありますし。
日本武道館でライブをしたい!

――ただここで終わりでは…ないですよね。夢は続いていく。

そうですね。今は何かっていえば……日本武道館でのライブ!

――それを実現するため、いま、自分には何が必要だと思いますか?

突破する力、かな。普通にやっているだけじゃない何かが必要だと思います。これまでのスタイルに固執しないで、それを崩したりもして、みなさんが驚くようなスタイルでライブをやらなければいけないなと考えています。楽曲についても同じで、これまでになかったような新しいものを発表していきたい。常に挑戦していきたいなって思っています。

――最後に、これまでご自身がしてきたことを踏まえて、夢を叶えるためのアドバイスをいただけますか?

やってみないと分からないから、やってみてってことでしょうか。私も、「これは違う」「あれは違う」って選り好みしてた時期もありましたけど、それってもったいない。周りの人が勧めてくれたことだとかをとりあえずやってみてほしいですね。「似合うんじゃない?」って言われた服を、ちょっと違うんじゃないかなって思いながらも着てみるような。そうしたら案外良かったりすることって少なくないと思うんですよ。とりあえず踏み出してみる、トライしてみる。違ったら辞めればいいんですから。

【プロフィル】Leola(れおら)……名前はハワイ語でLeo(声)、la(声)。2011年の「VOCAL BATTLE AUDITION 3」でセミファイナルまで進み、レッスンを積む。2016年にシングル『Rainbow』でデビュー。2017年にはファーストアルバム『Hello! My name is Leola.』をリリースした。8月1日にはミニアルバム『LOVE, LIFE & LAUGHTER』のリリースが控えている。オフィシャルサイト http://www.leolalala.com/
【インタビュー】Dream Amiが新曲 「私にとってのワンダーランドは“平和”」
【インタビュー】小野塚勇人「姿かたちが全然違う」映画とドラマ!「ふり幅、楽しんで」 
ココリコ 田中直樹「あのとき僕も“うつトンネル”の入り口に立っていたのかも」
橋本愛 その“痛み”を、きっとあなたも知っている—。
【INTERVIEW AT SEALY】佐々木蔵之介「雲に浮いているような寝心地を体験したい」
二ツ目さん数珠つなぎ 【第1回】柳亭市弥「落語にハマるなら二ツ目が元気な今でしょ!?」