安西慎太郎「正々堂々、全力プレーすることを誓います!」 舞台「野球」記者会見

前列左から、小野塚勇人、多和田秀弥、内藤大希、安西慎太郎、松田凌、永瀬匡、桑田真澄、西田大輔。後列左から、永田聖一朗、伊崎龍次郎、白又敦、松本岳、小西成弥、松井勇歩、村田洋二郎
 舞台「『野球』飛行機雲のホームラン」の記者会見が17日、都内で行われ主演の安西慎太郎ら主要キャスト、作・演出の西田大輔、野球監修を担当した元プロ野球選手で、解説、評論、そして指導者として野球に携わる桑田真澄が出席。記者会見では、安西がカンパニーを代表し、「僕たち舞台野球一同は正々堂々全力プレーすることを誓います!」と宣誓した。

 野球は弾圧され甲子園は中止されていた1944年を舞台に、甲子園への夢を捨てきれないまま予科練に入隊した少年たちが、最後の1日に、出身校同士で紅白戦を行うというストーリー。
みんなで、「誓います!」
 安西は「(作・演出の)西田さんが顔合わせの時に、すげー作品を作ろうということを言ってくださって、カンパニー一丸となって、すげー作品を作っています。お客様が一生忘れない、心に残る作品を作りたいと思っています。とにかく本気で汗をかいて本気で疲れて本気で声を出しています。僕たちの全力プレーを見ていただけたらうれしい」と、あいさつ。

 永瀬匡も「観劇ではなく野球観戦に来たような気持ちになれる舞台になると感じている。僕らは全力で野球を愛して、球場に立っているような気持ちで稽古をしている」としたうえで、「汗をかいて笑って泣いて、全力で生きている姿を目に焼き付けてほしい」と、意気込んだ。

 野球は初心者だという小野塚勇人も「1人でも多くの人に、僕たちの熱くて泥臭い青春をみていただけたらうれしい」と、話した。

 舞台は、野球へのあこがれや強い仲間へのあこがれといった、「あこがれ」を通じて、人が生きていく力や「生きたい」という希望を描く。

 主人公の幼なじみという役どころの多和田秀弥は「好きなことができる、大切な人がそばにいてくれることの幸せを、作品と通して、お客様とこのメンバーで体感し、再確認できる夏にできたらと思う」と、話した。
グラウンドの桑田に野球への愛を感じたとキャスト陣
 西田は「演劇にしかできない本当の野球目指そうと俳優たちと取り組んでいる」。桑田の力添えを請うたのもそのためだという。

 桑田は、「舞台も2回ぐらいしか見たことないし、話をもらって戸惑った」としながらも快諾。野球未経験者も多い俳優陣とグラウンドに立ち、キャッチボール、ゴロ、フライなど練習をしたという。「(甲子園を目指す)高校生にも負けない熱さを感じ」て行った指導はわずか2日間だというが、「初日に教えたことが2日にできるようになっていた。こんな短期間で成長するのかとびっくりした」。サインの出し方など細かいところも指導があったようで、本番では「演劇にしかできない本当の野球」が堪能できそう。

 池袋・サンシャイン劇場にて7月27日~8月5日まで上演。大阪公演もある。