浅倉カンナが王者の風格?で天心いじりをさらりとかわす【7・29 RIZIN.11】

「RIZIN.11」でRENAと対戦する浅倉カンナ
7・29「RIZIN.11」でRENAと対戦

「RIZIN.11」(7月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する浅倉カンナと扇久保博正が7月18日、千葉のパラエストラ柏で公開練習を行った。

 浅倉は3分間の中でダミー人形をリフトしてマットに叩きつける動きからミット打ち、そして最後はONE世界ストロー級王者・内藤のび太とマススパーリングを行った。

 浅倉は昨年の大晦日に「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」の決勝で破ったRENAとの再戦に臨む。

 RENAは7月6日の行われたシュートボクシングの「Girls S-cup2018」でエレイン“パンテラ”リアルとMMAルールで復帰戦を行い、判定勝ちを収めた。浅倉はその試合をリングサイドで観戦したのだが、「今回も打撃を効かせていた部分も多かったので、そこに付き合わないように試合を組み立てていかないといけないと思った。寝技に関しては怖くなったという部分はなかったので、やはり打撃に注意していきたい」などとその印象を語った。
マススパーリングでは内藤のび太にがっちりと肩固めを決める
下馬評では浅倉有利も平常心を強調

 その試合ではRENAは相手に三角絞めの形に入られるシーンもあったのだが、浅倉は「(相手の技が)意外と入りそうになっていた。RENAさんが上になっても下になっても寝技は怖くないかなと思った。自分だったらあそこでばしっと決めたいですね」と勝ちパターンはすでに頭の中に描かれているよう。

 前回とは立場が一変。下馬評では浅倉有利の声が大きいのだが「周りの評価はそこまで気にしていない。自分次第だと思う。自分の中ではいつも通り。特に緊張しているわけではなく、いつも通りにやれている。RENAさんは年末より気合が入っているのは見ていても分かるので、そこは怖いところはありますが、それに惑わされずに、自分のペースでいつもどおりにやっていきます」と平常心を強調した。
この日はジムの先輩の扇久保博正との合同練習
扇久保は「チョークでカンナが勝つ」と予想

 会見は扇久保と一緒に行われたのだが、途中、ジムの先輩として浅倉の成長度合いを問われた扇久保が「全体的にはレベルアップしていると思う。あとはプライベートでも…あったみたいなので(笑)。そこは成長したんじゃないですか」と先日報道された那須川天心との交際報道を持ち出す場面もあったが、「まさかそこをまたいじられるとは思わなかったです(笑)」とさらりとかわした。

 しかし那須川とは「打撃に関しては分からなかった部分を聞いている。(RENA戦についても)そんなに濃い話はしないですが、軽いアドバイスはもらったりします」と打撃が得意なRENAが相手だけに、力強い援軍になっているのは間違いなさそう。

 浅倉vs RENA戦について問われた扇久保は「前回と同じような展開になってチョークでカンナが勝つんじゃないですか」と予想した。浅倉が2連勝でRENAに引導を渡すのか、RENAがリベンジを果たして、女王の輝きを取り戻すのか…。