爆笑問題・太田光が子供たちの前でウルトラ兄弟の秘密を暴露【ウルフェス2018】

開場前に子供たちとフォトセッション(撮影・オケタニイクロウ)
「ウルトラマンフェスティバル2018」が7月20日開幕

 夏の東京の恒例行事ともいえる「ウルトラマンフェスティバル2018」(7月20日~8月27日)に先駆けた7月19日、特別内覧会が開催された。

 同フェスは今年で28回目の東京開催、累計来場者数470万人を記録する夏休みのファミリーイベント。

 今年はウルトラ兄弟たちと怪獣・星人軍団1587体を展示。巨大バトルジオラマも今年は5つとパワーアップ。会場のすべてがフォトスポットといっても過言ではないくらいのボリュームとなっている。


この日は入場時にウルトラヒーローがハイタッチ(撮影・オケタニイクロウ)
大人向けネタ連発。父母には受けるが…

 この日は今年、公式サポーターを務める爆笑問題も来場。ウルトラライブステージの前に舞台に登場し、今年のフェスの目玉である「巨大バトルジオラマ」、「超巨大フォトスポット」(ヒーロー35体、怪獣・星人15体)などを紹介した。
 
 今年のフェスのテーマは「ウルトラ兄弟の絆!」というものなのだが、太田光は「一説によると、実際にはそれぞれ血のつながりがないという話もあるんですよ」と会場の子供たちにはちょっとばかり敷居の高いネタを展開。

 またウルトラヒーローの誰かがいて、写真を撮ることができる「ウルトラショット」でセブンと写真を撮った2人。田中裕二がアイスラッガーのポーズで撮った写真を見た太田が「これは小倉さんがやると大変なことになる。別なものが投げられちゃう」。自分が握手をしたときには「小声で“暑い”って言ってました」などと大人向けのネタを連発。父母には受けるが、直後のライブショーに心を持っていかれている子供たちにはいまいち響かない。
巨大ジオラマの前でスペシウム光線の爆笑問題(撮影・オケタニイクロウ)
「毒蝮三太夫でしょ!」は子供たちには響かず…

 田中がウルトラセブンネタを披露し軌道修正を図るが、太田はウルトラステージが始まる前には「最後にはガチャピンとムックも出てきます」とその勢いは止まらず。

 極めつけはウルトラステージが始まる前、MCの安東弘樹アナに「どなたかが足りないと思いませんか?」と振られた太田は「毒蝮三太夫でしょ!」。これには田中も「蝮さんは明日来ます」とフォローするしかなかった。

巨大ジオラマの撮影スポットは無限(撮影・オケタニイクロウ)
フェス終了後の時間帯にもさまざまなイベントを開催

 ウルトラライブステージは第1部(7月20日~8月6日)「Brother ~勇者たちの絆~」と第2部(8月8日~27日)「時代を染めろ! 伝説のウルトラ兄弟」の2パターンが用意されている。

 また会期中はフェス終了後の時間帯にさまざまなイベントを開催。7月26日には昨年、超マニアックなウルトラトークを展開したみうらじゅん氏と山田五郎氏のウルトラトークライブ「みうらじゅん×山田五郎のオトナのウルフェス Vol.2」が昨年に続き開催される。