AKB48 高橋朱里「見えてるか、見えてないか曖昧でいいや」

AKB48 高橋朱里
 AKB48の高橋朱里が7月20日東京都内で、初めてのソロ写真集『曖昧な自分』の出版記念イベントに出席した。

 高橋はAKB48の中でもマンガ誌や週刊誌のグラビアで人気が高いメンバー。今回の写真集では自身初のランジェリー姿も披露している。同メンバーの横山由依、岡田奈々とHKT48 宮脇咲良に写真集を見せたところ「エロ本やん!?」「18禁!!」と言われたとのこと。高橋は「エロ本じゃないし、R15とかついてない」と否定したそうだ。
『高橋朱里1st写真集 曖昧な自分』(講談社)より

 そして、お気に入りのカットとして“曖昧”な表情をしている1枚を紹介。「どんな気持ちの表情だったの?」との記者からの質問に高橋は「自然な表情を撮るために一人にさせられていて、ガチで不機嫌でした(笑)」「ただアイドルとしては0点の写真なんですが、素の自分が出ていて高橋朱里としては120点です」。
『高橋朱里1st写真集 曖昧な自分』(講談社)より
 撮影現場では「これはカメラマンさんには見えちゃっているのかも?と思ったんのですが、指原さんや先輩たちもこうだったのかなと思ったし、秋元先生からも『曖昧でいいんだよ』と言葉を頂いていたので、見えてるか、見えてないかも曖昧でいいやと思って撮影に臨みました」と笑顔でコメントした。
 
『高橋朱里1st写真集 曖昧な自分』(講談社)より