卜部弘嵩がフェザー級転向へ手応えありの大きな勝利【7・22 Krush.90】

卜部弘嵩(左)のミドルがシュエのボディーにグサリ(撮影・鬼束麻里)
「日本vs中国・7対7全面対抗戦」大将戦で3-0の判定勝ち

「Krush.90」(7月22日、東京・後楽園ホール)で行われた「日本vs中国・7対7全面対抗戦」で日本が6勝1敗で勝利を収めた。日本は中国との対抗戦で初めて勝利となった。

 大将戦に出場した卜部弘嵩はシュエ・シェンジェンと対戦。-58.5kg契約という未知の領域での戦いとなったが3Rを戦い切り3-0の判定で勝利を収めた。

 卜部のスピードの乗った左ハイ、ミドルで攻め込むが、シュエは下がらずに前へ出てパンチを放つ。ならばと距離が詰まると卜部はヒザをボディーにめり込ませ徐々にペースを握っていく。
 
 減量によるスタミナ切れもなく、3Rに入ってもスピーディーな動きはそのまま。シュエのパンチを食らっても大きなダメージをもらうこともなく耐久力の不安も見せず、フェザー級転向に向け上々の滑り出しとなった。
試合後のマイクでK-1フェザー級王座獲りを宣言(撮影・鬼束麻里)
ターゲットはK-1フェザー級王座

 卜部は試合後のリングで「最後、メインをKOで締められなくてすみません。今後の目標としてはK-1フェザー級のタイトルだけを見て突っ走っていこうと思います。頂点目指して突っ走るので期待してください」とアピール。そして先日報道されたモデルの高橋ユウの名前こそ出さなかったものの「個人的なことなんですけど」と前置きし「AbemaTVで見てる皆さん、『行列のできる法律相談所』チェックしてください」と続けた。

 試合後の会見では「復帰戦ということで固くなった部分もあったが、最低限の仕事はできたと思う。KOまでつなげるプロセスが、ちゃんとまとまっていない部分がありました。やりづらさはなかったが、気負いすぎはあった。大将戦ということもあったので。個人的なこともありましたし、固くなったと思う」と試合を振り返った。そして階級変更については「動きやすくて調子がよかった。60kgより動きやすいって感じ。(今後は)フェザー級のタイトル、そこしか見えないので。まずはなんとか。キャリアがある僕でも気負ってしまったので、次はのびのび戦っていい勝利をしたい」などと話した。
佐々木大蔵(右)のミドルが炸裂(撮影・鬼束麻里)
佐々木大蔵は格の違いを見せて判定勝ち

 副将戦に出場した佐々木大蔵は4月にゴンナパー・ヴィラサクレックに敗れてライト級王座を失って以来の復帰戦。ワン・ジーウェイと対戦し、3-0の判定で勝利を収めた。

 佐々木は右ストレートに左のミドルが冴えわたり、ワンは攻撃の糸口をつかめない。3Rには「効いてない」パフォーマンスで佐々木を挑発すると佐々木は一瞬表情を一変させたものの、挑発に乗ることはなくこれまで同様、左ミドルを中心にワンを攻め込み、さしたるピンチを迎えることもなく、格の違いを見せつけた。
レオナ・ペタス(右)の右ストレートがヒット(撮影・鬼束麻里)
レオナ・ペタスがKO勝ちで安保璃紅へのリベンジをアピール

 対抗戦は先鋒戦の山本直樹vsワン・ジュンユー戦から白熱の試合が続いた。

 山本は2Rに左ストレートでワンの眉間をカットするなど的確にパンチ、キックを当てていくのだが、タフなワンは積極的に前へ。手数も多く終盤に挽回。本戦では決着がつかず、いきなり延長ラウンドへ。延長では山本も積極的に手数を出し、ラウンド終盤にはパンチの連打で追い込むなど最後まで攻撃を続け3-0の判定で勝利を収めた。

 次鋒戦の鈴木勇人は左のミドル、ハイキックでジン・インの動きを止めるとヒザ蹴りで削っていく。3R終盤にはコーナーに詰め、左ヒザを連打。スタンディングダウンを奪い、3-0の判定で勝利を収め、日本が2連勝。

 会場を一気に爆発させたのが五将戦のレオナ・ペタス。ペタスは1Rからジャオ・チョンヤンの突進に手を焼く。ジャブとローでさばくペタスだが、ジャオは止まらない。プレイク後にパンチの連打で注意を受けたジャオだが、ひるむことなく頭から突っ込み今度はバッティングで注意を受ける。ジャオのブルファイトにペースを乱されたペタスだったが、2R終了間際、ペタスのパンチの連打にジャオは大の字にダウン。ペタスがKO勝ちを収めた。

 ペタスは試合後のマイクで「対抗戦には全然関係ないんですけど、僕以外タイトルに挑戦する奴はいないと思います。でも、その前に日本人で倒さないといけない奴がいて、去年の5月28日に僕がやられた選手ともう1回やりたいと思います」と安保璃紅との対戦を要望した。
勝って左右田はこのポーズ(撮影・鬼束麻里)
髪切りマッチ消滅の左右田泰臣はうっぷん晴らすKO勝ち

 3連勝でリーチをかけた日本。中堅戦では高木健太がフー・ガオフォンと対戦。後がない中国のフーは開始早々、プレッシャーをかけ高木をコーナーに詰めるとパンチの連打から右フックを打ち抜き最初のダウンを奪う。立ち上がった高木だったが、フーはなおもパンチで高木を追い込み、左のフックで立て続けに2つのダウンを奪い、1R1分18秒、KOで中国が初白星を挙げた。

 三将戦に出場した左右田泰臣は前日会見で髪切りマッチが消滅するという思わぬ精神的なダメージを食らい、そのファイトが注目されたが、モン・グォドンを2R2分55秒、KOで下し、日本を勝利に導いた。

 蹴っても殴っても下がらないモンに左右田は左ミドルキック、ボディーブローと徹底的なボディー攻撃。2R終了間際、それまでポーカーフェイスで立ち続けていたモンが左ボディーブローに顔をゆがめダウン。そのまま立ち上がれず、左右田がKO勝ちを収めた。
「Krush.90」(7月22日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合/Krushウェルター級/3分3R
◯加藤 虎於奈(TEAM TOP ZEROS)(1R1分29秒、KO)竹腰 一麻(Club TOSHI)●

◆プレリミナリーファイト第2試合/Krushライト級/3分3R
◯関川 和将(DTS GYM)判定3-0=29-28、30-29、30-29)山下 和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●

◆プレリミナリーファイト第3試合/Krushフェザー級/3分3R
◯三輪 裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-0=28-28、29-28、30-28)安達 元貴(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●

◆第1試合/Krushライト級/3分3R・延長1R
◯瓦田 脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=29-28、29-27、30-28)中野 滉太(POWER OF DREAM)●

◆第2試合/Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯松下 大紀(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)(2R2分13秒、KO)ジョージ(CLUB.E.D.O)●

◆第3試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・先鋒戦/Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
◯山本 直樹(優弥道場)(延長判定3-0=10-9、10-9、10-9/本戦1-0=30-29、29-29、29-29)ワン・ジュンユー(星武創新ジム/CFP)●

◆第4試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・次鋒戦/-64kg契約/3分3R・延長1R
◯鈴木 勇人(K-1ジム五反田チームキングス)(判定3-0=30-28、30-27、30-27)ジン・イン(鄭州順遠ジム/CFP)●

◆第5試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・五将戦/Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
◯レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)(2R2分49秒、KO)ジャオ・チョンヤン(一龍奥宇ジム/CFP)●

◆第6試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・中堅戦/-79kg契約/3分3R・延長1R
●高木 健太(リバーサルジム川口REDIPS)(1R1分18秒、KO)フー・ガオフォン(明輝ジム/CFP)◯

◆第7試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・三将戦/Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯左右田 泰臣(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(2R2分55秒、KO)モン・グォドン(陝西問心ジム/CFP)●

◆第8試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・副将戦/-64kg契約/3分3R・延長1R
◯佐々木 大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-28)ワン・ジーウェイ(星武創新ジム/CFP)●

◆第9試合/日本vs中国・7対7全面対抗戦・大将戦/-58.5kg契約/3分3R・延長1R
◯卜部 弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-28、30-29、30-29)シュエ・シェンジェン(一龍奥宇ジム/CFP)●