シュートボクシングのエース・海人が緊急参戦【7・29 RIZIN.11】

急きょ参戦が決まった海人(右)とウザ強ヨシヤ
2017年「J-NETライト級新人王」ウザ強ヨシヤと対戦

 シュートボクシング(SB)日本スーパーライト級王者の海人が「RIZIN.11」(7月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に急きょ参戦することとなった。

 キックルールで2017年の「J-NETライト級新人王」ウザ強ヨシヤと対戦する。ヨシヤはプロ戦績5戦 4勝1分。

 この試合は「中井りんvs杉山しずか」戦が中井の欠場で消滅したことから代替カードとして急きょ決まったもの。海人は2日前、ヨシヤは前日のオファーを快諾。試合が実現した。

 高田延彦RIZIN統括本部長は急きょのオファーにも関わらず試合をする2人を称えたうえで「この日一番いい試合をするくらいの気持ちでやってください。いっちゃおうぜ!」と2人に檄を飛ばした。
計量後に取材を受ける海人
「シュートボクシングはRENAさんだけじゃないということを証明したい」

 海人は計量後の囲み取材で「最初はびっくりしたが、チャンスだと思って前向きに出場を決めた。明日はいつも通り面白い試合をして、倒したい。ルールはどんなルールでも。体重も落とせる範囲だった。対戦相手を聞いたのは昨日の夜。聞いたことのない相手だった。相手の動きとかもよく知らないので、僕が圧勝しているイメージしか沸いていない。さいたまスーパーアリーナには行ったこともないので、そこで試合をできるのはうれしい。圧倒して何もできないようにさせて自分とのレベルの違いを見せたい。RIZINのファンの皆さんにシュートボクシングにこんな選手がいるということを見せたい。シュートボクシングはRENAさんだけじゃないということを証明したい」などと話した。