三代目・山下健二郎、ゾンビたちとダンス&バトルの夏に「ムチャクチャ青春感じた」



 三代目J Soul Brothersの山下健二郎の初主演舞台『八王子ゾンビーズ』が5日、TBS 赤坂 ACTシアターで初日を迎えた。

 鈴木おさむが書き下ろした、音楽とダンスとゾンビをテーマにしたオリジナル作品。

 山下演じるダンサーになる夢に破れた青年は、自分を見つめなおすために、八王子の山奥にある寺に住み込むが、墓場で住職とゾンビの壮絶な戦いを目の当たりにし、ダンスすることで成仏できるとゾンビたちに説得されてダンスレッスンをすることになるという物語。時事ネタを織り込んだやり取りやパロディー、殺陣、ダンスもある。物語はハチャメチャのようだが、最後にはホロリときて……。


 初日の公演前に取材に応じた山下健二郎は「(鈴木)おさむさんが最初の顔合わせの時に、みんなで青春を感じながらこの作品を作っていきましょうとお話しになっていて、僕もそういうのを感じたかった。この夏、ムチャクチャ青春感じたし楽しかったので、それを早く舞台で発揮したい」と、意気込んだ。

 三代目J Soul Brothersではパフォーマーとして活動する。舞台でのダンスも振付師と話し合ってよりストーリーの展開になじむ動きにアレンジしたりもしているという。山下曰く、ダンスは「100点。僕とゾンビがダンスするところがあるので見てほしい」。

 他キャストは、『仮面ライダー鎧武』や『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』の久保田悠来、『ウルトラマンジード』の小澤雄太(劇団EXILE)、数々の2.5次元作品に出演する藤田玲、ブロードウェイでの出演経験もある丘山晴己ら。早乙女友貴、駿河太郎も出演する。

 19日まで同所で。

左から、鈴木おさむ、駿河太郎、山下健二郎、久保田悠来、藤田玲