東京2020大会まで「あと2年!」池江選手「国民全員でメダルを」

小池百合子都知事(撮影・辰根東醐)
 東京2020組織委員会と東京都は「東京2020オリンピック・パラリンピック」開催まで2年となった7月24日、東京スカイツリータウンで「開催まであと2年!東京2020オリンピックカウントダウンイベント〜みんなのTokyo 2020 2Years to go!〜」を開催した。

 4階のスカイアリーナでは「打ち水イベント」を皮切りに多くのイベントが行われたのだが、連日の暑さにもかかわらず多くの観客が詰めかけた。
 ステージで行われたボランティアPRイベント「みんなでつくるTOKYO 2020」ではオリンピアンの寺川綾、パラリンピアンの山田拓朗にリオ、平昌の五輪や東京マラソンのボランティア経験者が集まりトークショーを行った。

 寺川さんが「どの五輪でもボランティアの方はものすごく積極的。ちょっとでも困ったそぶりを見せたらいろいろなところから人が来てくれた。ボランティアの方の積極性は見習わなければいけないと思った」などと選手側からの思い出を語れば、リオ大会でボランティアを務めた新城正恵さんは「一人一人が“私が大会を支えているんだ”という気持ちで臨むのがポイントだと思う」とそれぞれが経験者でなければ分からないようなボランティアについてのエピソードを披露した。

 その中で異彩を放っていたのがお笑い芸人の小島よしお。小島はかつて2年ほど外国人とルームシェアしながら生活、またアメリカに短期留学していたことから「実は国際派」ということでこのトークに参加した。







柔道五輪3連覇の野村忠宏さん、女子水泳でリオ五輪出場の池江璃花子さん(撮影・辰根東醐)
 猛暑の下で、なおかつ水泳選手の寺川さんとの共演ということからいつもの格好で来ると思いきや、なぜか衣服を着用。「水着を用意してきたんですが、係の人にきつく“やめてくれ。絶対に脱がないでくれ”と言われました。フリかと思ったらマジでした(笑)」と会場を笑わせた。最後も「暑さも言葉の壁も、そんなの関係ねえ。おっぱっぴー精神で頑張りましょう」と“らしく”トークを締めくくった。

 この日のメーンともいうべき「カウントダウンセレモニー」には小池百合子東京都知事、森喜朗組織委員会会長、柔道五輪3連覇の野村忠宏さん、女子水泳でリオ五輪出場の池江璃花子らオリンピアンや現役アスリートが参加した。

東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」(撮影・辰根東醐)
 小池知事は「復興なくして東京大会の成功はなし。そしてパラリンピックの成功なくして大会の成功はない。そういう思いで。そして2年後に備えてしっかりと準備を進めていきたい」、森氏は「2年後にこの暑さが来るかどうかは大変な関心事。たとえこの暑さが来ても神様の思し召しだと思って、これにどうこたえていくかしっかり頑張っていきたい」とそれぞれ挨拶した。
(撮影・辰根東醐)
 この日の舞台となった4階スカイアリーナでは縁日風の空間が広がり、イベントステージでは客席中央に盆踊りの演台が据えられ、会場の雰囲気はまさに「夏祭り」。その中にオリンピアン・現役アスリート5人と100人の地元の小学生が提灯パレードをしながら登場した。
(撮影・辰根東醐)
 その後、スカイツリーがライトアップ。この日は東京都庁第一本庁舎、東京タワーをはじめ全国14カ所の施設でも同じくライトアップが施された。

 最後は盆踊りの演台を中心に来場者全員で「東京五輪音頭」を踊ってお開きとなった。