3Dプリンター銃ウェブ公開差し止め

3Dプリンター銃の設計図公開差し止めを要求するエドワード・マーキー上院議員(左)とリチャード・ブルーメンソール上院議員(写真:AP/アフロ)
 米ワシントン州シアトルの連邦地裁は7月31日、非営利団体「ディフェンス・ディストリビューテッド」が8月1日に予定していた3Dプリンターで銃が作れるソフトウェアの一般公開の差し止めを命じた。同団体は2013年に3Dプリンターで銃を製造する方法をネットで公開したが国務省が公開を禁止。これを不服とし、提訴していたが今年6月にトランプ政権と和解し公開が認められる運びとなっていた。