気分は現代アーティスト!「pinofantasia(ピノファンタジア)」


 今年で発売から43年。変わらぬ人気を誇るロングセラー商品〈ピノ〉。チョコレートでコーティングされたひと口アイスにピックを指してパクッと食べる…というのが昭和世代のイメージだが、近年〈ピノ〉の楽しみ方は驚きの進化を遂げていた! 現在、原宿にて開催中の「pinofantasia(ピノファンタジア)」は、自分で〈ピノ〉をカラーリングできる「room‘イロ’」やチームラボとコラボした「room‘ヒカリ’」(別途500円)など、新しい感覚で〈ピノ〉を楽しむことができるイベント。

「room‘イロ’」では8色のチョコレートソースから好きな4色を選び、自分で自由に〈ピノ〉をカラーリングできる。まさにアート作品を作っている気分。「アートとして〈ピノ〉を楽しむという体験を最大限に伝えるため、アート、食、空間というそれぞれの要素をいかに掛け合わせるかという点に苦労しました」と企画担当の平安さん。不器用な私もそれなりにイイ感じに仕上がりました!「アートですから、何が正解ということはないので自由に楽しんでいただければ。1缶に〈ピノ〉は6個入っていますから、何個かやってみるとコツをつかめると思います」。全部失敗した人、さらに極めたい人などリピーターも続出しそう!

「pinofantasia」
【期間】2018年8月7日(火)〜9月2日(日) ※8月21日、22日は休館
【時間】11〜20時
【場所】ラフォーレミュージアム原宿
【入場料】「room‘イロ’」1000円/「room‘ヒカリ’」別途500円

森永乳業株式会社
平安 杏さん
いろいろなアレンジで楽しめる〈ピノ〉。平安さんのおすすめアレンジは?「食パンをトーストして〈ピノ〉を乗せて食べたりしますね。ほどよい練乳感がトーストとマッチしておいしいですよ」。トーストに合うということはアレンジ無限!