加藤ミリヤが思い出を修復するボランティア活動【RockCorps 】



 アーティストの加藤ミリヤが11日、都内で、写真の修復するボランティア活動を行った。音楽を通じてボランティア活動への参加を呼び掛ける社会貢献プロジェクト「RockCorps supported by JT 2018」のフィナーレとして行われる音楽ライブ「セレブレーション」に出演。ライブに参加するためにボランティアをしている人たちと一緒に活動した。

 加藤はサプライズで登場。「みなさんと一緒に“思い出を修復する作業”をやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」とあいさつ。作業の説明を受けると、参加者と一緒にもくもくと作業し、東日本大震災や熊本地震で失われた大切な写真約260枚を修復した。4時間の作業中には他参加者とコミュニケーションを取る姿も見られた。

 この日は、RockCorpsのスティーブ・グリーンCEOも参加した。


 作業を終え、加藤は「ボランティアは、自分のやることが誰かのためになると考えすぎるよりも、もっと自然に向き合ってライトにできるものなんじゃないかと思います。たくさんの人がその意識を持てれば、ボランティアをする人はもっと増えていくのではないかと思います」。

 また、「9月1日のセレブレーション、心から楽しみにしています。ボランティアを経てたくさんの参加者の方々と心が通じ合うので、当日は音楽の素晴らしさ、私たちがここにあることの素晴らしさを感じ、心が温かくなると思います」と、話した。

 プロジェクトは、指定された4時間のボランティア活動をすることで「セレブレーション」と呼ばれる国内外の人気アーティストが出演する音楽ライブに参加できるという、新しい社会貢献。2014年に日本に上陸し、今年で5回目の開催となる。9月1日に幕張メッセで開催される「セレブレーション」には英女性シンガーソングライターのELLIE GOULDING(エリー・ゴールディング)、日本のロックバンドのBLUE ENCOUNTとKEYTALK、アーティストの加藤ミリヤ、でんぱ組.Incが出演する。ボランティアプログラムは今月31日まで行われる。