野田秀樹の代表作『贋作 桜の森の満開の下』NODA・MAP


 野田秀樹の代表作であり、再演を期待する声も多かった『贋作 桜の森の満開の下』がついにNODA・MAPの公演として上演されることとなった。

 同作はかねてから自身を「安吾の生まれ変わり」と公言してはばからなかった野田が坂口安吾の「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を下敷きに書き下ろしたもの。1989年に劇団 夢の遊眠社で初演され、1992年に再演。2001年に新国立劇場主催公演で再演。昨年には八月納涼歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」として歌舞伎でも上演された。

 今回の上演については今秋にフランスで開催される「ジャポニスム2018」で、国立シャイヨー劇場の芸術監督ディディエ・デシャンより、野田秀樹の『贋作 桜の森の満開の下』を上演してほしいという要請があったことがきっかけ。「それならば」と野田が考えられる限り最高のキャストとスタッフにオファーをしたところ、すべての俳優、スタッフが「OK」ということでいつにもまして豪華な布陣となった。

 まずは9月1日から12日まで東京芸術劇場プレイハウスで上演され、その後、パリ、大阪、北九州を経て11月3〜25日に再び東京芸術劇場プレイハウスに戻って来る。万一9月に見逃してしまった人は11月にぜひ。
NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』
【日時】9月1日(土)〜12日(水)(開演は土火木金19時、日14時、水14時。※5日(水)は19時の回あり。8日(土)は14時の回あり。月曜休演。当日券あり)
【会場】東京芸術劇場プレイハウス(池袋)
【料金】全席指定 S席10000円、A席8000円、サイドシート5500円
【問い合わせ】NODA・MAP(TEL:03-6802-6681 [HP] http://www.nodamap.com/sakuranomori
【作・演出】野田秀樹
【出演】妻夫木聡、深津絵里、天海祐希、古田新太、秋山菜津子、大倉孝二、藤井隆、村岡希美、門脇麦、池田成志、銀粉蝶、野田秀樹