東京2020までに全55競技を体験しよう!/8月16日(木)の東京イベント

「東京2020 Let's 55 ~レッツゴーゴー~」第1弾 本日16日から19日まで開催
オープニングセレモニーには東京2020組織委員会スポーツディレクターを務める室伏広治氏らが登壇
 東京オリンピック・パラリンピックの全55競技を、2020年までに体験する場を提供するプロジェクト『東京2020 Let's 55 ~レッツゴーゴー』第1弾イベントが本日16日から19日までの4日間、豊洲にて開催される。今回のイベントでは、55競技中、21競技(オリンピック13競技、パラリンピック8競技)を体験できる。
音を頼りにボールをシュート! 5人制サッカー体験
 期間中、会場ではアスリートによるパフォーマンスや指導が行われる競技体験ステージのほか、施設屋内外で毎日、最大9カ所に競技体験ブースや競技体験コンテンツが登場する。

 初日の16日は強風のためスポーツクライミング体験が中止となったが、5人制サッカーや、アーチェリー、カヌーなど、夏休み中の子供たちも含め、多くの人がオリンピック・パラリンピック競技体験を楽しんでいた。

 アスリートの凄さを感じたり、体験を通して競技の魅力を再発見したり。実際に身近に感じることで、2020年大会も、より熱く応援できそう。
カヌー体験(16日)
陸上競技の桐生祥秀選手の記録を体感するコンテンツも登場
『東京2020 Let's 55 ~レッツゴーゴー~ with 三井不動産』
【期間】2018年8月16日(木)~19日(日)11~17時45分
【場所】三井ショッピングパーク アーバンドッグららぽーと豊洲
【URL】https://tokyo2020.org/jp/special/lets55/

※荒天時(雨天・強風の場合)は屋外ブース中止