ネタありすぎ!『銀魂2』ファミリーが掟破りの爆笑トーク!

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の公開初日舞台挨拶が17日、都内にて行われ、主演の小栗旬をはじめ豪華オールスターキャスト10人と福田雄一監督が登壇した。

 冒頭、福田監督は「昨日、たくさんお客さんが入ってくれるといいなと言ったら妻に“お客さんが入るとかじゃなくて、まずはキャストやスタッフの皆さんに感謝だろ!”と叱られて若干、泣きました」と言葉を詰まらせ「僕みたいなクソ監督のためにこんなキャストが集まってくれて、皆さん本当に頑張ってくれて…と思ったら1人で部屋で泣いてしまって」と涙ぐみながら語る監督に、会場からも声援が飛ぶ。

 思わぬ監督の涙から始まったものの、その後は『銀魂』ファミリーらしい自由奔放な爆笑トークが展開。劇中のエピソードにちなみ“接待”にまつわる話を催促された菅田将暉は「冬の京都で撮影していたときに、吉沢亮に買ったばかりのお気に入りのカーディガンを取られました」と暴露。吉沢は何食わぬ顔で「僕はちゃんと、ちょうだいと言ったんです。そしたらあの人(菅田)がいいよ、って」。そんな吉沢は、自身が演じる役の1番の決め台詞は何かと質問されると「いいメスブタがいるじゃねえか」という衝撃的なセリフをチョイス。ところが、それを聞いた会場の女性ファンから黄色い悲鳴があがり、吉沢はポーズをつけて2回目を披露。サービス精神で会場を沸かせた。

 また、三浦春馬らが演じる真選組の物語に感動する人が多かったという話題が出たところで、福田監督が「小栗旬は今回ちょっと、いじけてるんです。“俺ら、にぎやかしじゃん?”みたいな」と明かすと小栗も「劇中、すごくカッコいい立ち回りがあって、ここカッコいいなと思っていたら、俺ら3人(小栗、菅田、橋本環奈)まったく出ていないんですよ。どうやら俺ら、物語の主役じゃないなと」とぼやき、会場も爆笑。
 佐藤二朗は「(キャスト発表時に)シャレで僕が(橋本演じる)神楽をやる、というネタをやったんです。ほとんどの人はシャレだと分かってくれていたんですが、中にはネットで“佐藤二朗さんが神楽をやるなら、この映画は見ません”と言ってる人がいた。俺も見ねえよ、そんなもん!」と叫び、笑いをとった。橋本も「佐藤さんが着た衣装を、私が実際に着たんです。監督から(神楽に扮した)佐藤さんの写真が送られてきて…」と思い出し笑い。
 異色のキャラクターである将軍を演じた勝地涼は、小栗たちから次回作があれば、原作のさらにハードなシーンに挑戦してほしいと言われ、一瞬、躊躇しながらも「やりたいと思います。ぜひ盛り上げてもらって次回作を」。小栗も「『1』よりも『2』が面白かったよ、なんて言ってくれると『3』ができたりするかもしれません」と続編に期待を寄せた。

 他にも、イベント前日に早送りで本編を見たという堤真一、前回は舞台あいさつに呼ばれなかったという戸塚純貴、役どころにちなんで“別人格”を披露した柳楽優弥と、全員が『銀魂』ファミリーならではの“掟破りな”トークを繰り広げ、イベントは拍手喝采の中、幕を閉じた。同作は公開中。