大阪勢が頂点奪取! 同志社香里は2連覇【日本高校ダンス部選手権】

パワフルなパフォーマンスで圧倒!
 高校のダンス部日本一を決める「第11回 日本高校ダンス部選手権 スーパーカップ DANCE STADIUM」の全国大会が、16、17日の2日間、パシフィコ横浜で開催された。13人以上で演技する「ビッグクラス」では同志社香里(大阪)が優勝し2連覇、2~12人の「スモールクラス」では羽衣学園(大阪)が初優勝。大阪勢の強さを改めて見せつけた。

 大会には、過去最多となる456チームが参加。決勝には全国7カ所で行われた地区大会を勝ち抜いた各クラス50校が進んだ。

 大会結果は以下の通り。

【ビッグクラス】
優勝:同志社香里(大阪)
準優勝:府立久米田(大阪)
優秀賞:県立市ケ尾(神奈川)、山村国際(埼玉)、府立堺西(大阪)、府立箕面(大阪)、府立登美丘(大阪)、市立一条(奈良)
審査員特別賞:都立大森(東京)
エースコックスーパーカップ特別賞:日本体育大学荏原(東京)
ワン・ダイニング特別賞:府立山城(京都)
産経新聞社賞:横浜創英(神奈川)
ストリートダンス協会賞:府立渋谷(大阪)

【スモールクラス】
優勝:羽衣学園(大阪)
準優勝:桜丘(愛知)
優秀賞:府立山城(京都)、二松学舎大付(東京)、精華女子(福岡)、神村学園(鹿児島)、府立箕面(大阪)、福岡工業大付城東(福岡)
審査員特別賞:県立コザ(沖縄)
エースコックスーパーカップ特別賞:武南(埼玉)
ワン・ダイニング特別賞:初芝立命館(大阪)
産経新聞社賞:市立鶴見商業(大阪)
ストリートダンス協会賞:実践学園(東京)