カイリ・セインが日本人2人目となるNXT女子王座獲得【WWE】

感情むき出しのファイトを展開するカイリ(右)とシェイナ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
アスカ以来の快挙達成

 WWEの「NXTテイクオーバー:ブルックリン4」(米国現地時間8月18日)で行われたNXT女子王座戦で“海賊姫”カイリ・セインが王者・シェイナ・ベイズラーを破り、日本人2人目となるNXT女子王座を初戴冠した。

 試合は序盤からシェイナがカイリの右足に集中攻撃。劣勢となったカイリは足を引きずりながらも「カモーン」と逆にシェイナを挑発すると、平手打ち3発にバックハンドブロー、スライディングDの波状攻撃で反撃。さらにカイリはセカンドロープからのインセインエルボーを決めると追撃を回避し場外に逃れたシェイナにダイビングクロスボディー。続けてトップロープからインセインエルボーで追撃もカウントは2。
悲願のベルト奪取を果たしたカイリ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
大阪には王者として凱旋

 粘るシェイナにさらにイカリを繰り出したカイリだったが、今度は逆に切り返されてキリフダクラッチに捕まってしまう。辛うじてロープに逃げたカイリだったが、この日3発目のインセインエルボーをシェイナに迎撃されると再びキリフダクラッチを狙われてしまう。

 しかし、カイリは間一髪でこれを素早く後方回転すると、逆にシェイナをフォールしてカウント3を奪った。

 カイリは2017年に獲得した「メイ・ヤング・クラシック」優勝に続き、アスカ以来、日本人2人目となるNXT女子王座を獲得。これでWWE大阪公演「WWE Live Osaka」(8月31日)には王者として凱旋することとなった。