1964年の渋谷に欽ちゃんが「もう見られないと思っていたものが見られて懐かしい」

会見に出席した齋藤精一代表理事、萩本欽一、長谷部健渋谷区長、土屋敏男代表理事(左から)
1964年の渋谷駅周辺を3DVRで再現

 テレビプロデューサーの土屋敏男氏(日本テレビ シニアクリエーター)が代表理事を務める「1964 TOKYO VR」が8月21日、都内で「タイムマシン体験会~2018年・夏」の記者発表会を開催した。

 この「1964 TOKYO VR」は昨年10月に1964年の東京オリンピック当時の渋谷駅周辺の街並みを3DVRで再現しようという「1964 SHIBUYA VR プロジェクト」をスタート。

 過去の航空写真から街並みやビルの高さを再現し、そこに同プロジェクトに賛同した個人・法人の賛助会員や一般から寄せられた当時の写真を張りつけ、過去の風景を再現する。今回は10カ月が経ち、ある程度の形ができたことから発表会と体験会が行われた。

 機器を背負い実際に歩く形で渋谷駅周辺を歩く体験では、渋谷の上空や駅近辺の工事中の建物の上から渋谷をながめられるといった現在のテクノロジーならではの体験ができる。
体験会の一コマ。今、この2人はハチ公の頭をなでている
1000枚以上の写真が寄せられてはいるのだが作業に時間が…

 109のない渋谷、東横線の駅がまだ地上にあったころの渋谷、東急文化会館があったころの渋谷、ハチ公の向きが違う渋谷…ビルの形だけでも現在と違う昔の渋谷を感じることができるのだが、惜しむらくはまだ写真が張りつけられていない白いスペースが多いことか。

 しかし代表理事の齋藤精一氏によると約1100~1300枚の写真が寄せられているのだが、精査する作業などに時間がかかり今の段階では100枚弱しか反映されていないという。今後、作業が進むにつれよりリアルに1964年の渋谷を感じることができることになりそうだ。

 またこういった体験会を開いていく中で「おばあちゃんがあの場所の写真を持っているかもしれない」などといった形で新たに写真が寄せられることを期待しているという。
3DVR体験中の欽ちゃん(右から2番目)。東急文化会館を眺める
欽ちゃん「看板にカタカナが多いね」 長谷部区長「覚えている方から聞く話と重なる」

 この日の会見には第1号特別賛助会員の萩本欽一と渋谷区の長谷部健区長が登壇。実際に3DVRを体験した。

 VR機器を装着した萩本は「これが1964年の渋谷? ああ…。看板にカタカナが多いね…。映画の看板がある。なんて書いてあるんだろう?」などと1964年の渋谷の風景に懐かし気。そして「(長谷部氏は)渋谷の生まれだっていうから懐かしくて泣くかもしれないね」と長谷部氏にバトンタッチ。

 長谷部氏も「この間壊してしまったんですが、この右手に集合住宅で1番古いアパートがあったはず。これ、のんべい横丁ですよね。東急プラザ? 建設中ですか」などとこちらも昔の渋谷を堪能した。

 萩本が改めて「見ようと思っても見られないと思っていたものが見られた。この時代に渋谷に住んでいたものですから、ちょっと懐かしい」と感想を漏らすと、土屋氏は「コント55号が3人組だった時代ですね」とこちらも懐かし気。長谷部氏は萩本に「また(渋谷に)戻ってきてください」と呼び掛けた。

 また長谷部氏は「僕は72年生まれなので、これは生まれる前の渋谷。昔、川があった時代。ちょうど暗渠になりだしたころだと思う。覚えている皆さんからいろいろ聞く話と重なる気がします。覚えていなくても楽しいので、覚えている方々にとっては本当に楽しいものだと思う」と話した。
旧知の土屋氏に檄を飛ばす萩本欽一
目指すは1964年の五輪で聖火ランナーが走ったルートの再現

 最後に萩本は土屋氏に「1965年の写真を持っている人は?」と質問。土屋氏が前後10年ほどの写真を募集していることを告げると「それによって写真の集まり方が違う。“押し入れにある街の写真は全部持ってこい。俺に任せろ!”ってくらいまで仕事を広げろよ」と檄を飛ばした。そして「函館の人にも写真送ってもらって。あとは(長谷部)区長が函館市長に“お前もやれよ”って(笑)。そうやって日本中でできればいいね。そういう進め方をしてほしい。そうしないと私が出したお金も返ってこないから(笑)。ぜひ大きく広げてほしい」と続けた。

 この取り組みはまずは渋谷からスタートしたが、今後は2020年を目指して1964年の五輪で聖火ランナーが走った旧都庁(現在の東京国際フォーラム)から国立競技場までの街並みを再現したいという。