棚橋弘至「ダヴィデ=アポロと戦ったらドラゴンスクリューで一発」

ダヴィデ=アポロの前でコントラポストポーズを決める棚橋
『ミケランジェロと理想の身体』展のサポーターに就任

 新日本プロレスのエースで今夏の「GⅠクライマックス」を制した棚橋弘至が8月27日、東京・上野の西洋美術館でミケランジェロの傑作「ダヴィデ=アポロ」と夢の“共演”を果たした。

 ダヴィデ=アポロはミケランジェロの壮年期の傑作で、二つの名前が併記されているように大きな謎を含んだ作品。

 現在、『ミケランジェロと理想の身体』展(9月24日まで)を開催中の西洋美術館には約40点しかないミケランジェロの大理石彫刻のうち「ダヴィデ=アポロ」と「若き洗礼者ヨハネ」の2点が初来日を果たしている。

 棚橋は現代の“理想の身体美”の持ち主として同展覧会のサポーターに就任。ダヴィデ=アポロのポーズを取った棚橋の等身大の写真が全国紙に織り込まれるなど大きな話題を呼んでいる。

 この日は棚橋とダヴィデ=アポロが対面。アートテラー・とに~と理想の身体についてのトークショーを行った。
確かに筋量では棚橋の圧勝
「プロレスラーとして見るならもう少し筋量があったほうがいい」

 棚橋は今回のサポーター就任について「あらゆるスポーツがある中で、プロレス、それも棚橋弘至に目をつけるというのはナイスチョイス」と自画自賛。そして「プロレスと美術というのはこれまでつながりがなかったが、肉体美というところで“あっ、つながるじゃん”と思った」とも話した。

 ダヴィデ=アポロについては「(新弟子で入ってきたら)鍛えがいがある。筋肉は鍛えれば等しく大きくなるんですが、筋肉の形は人それぞれ。ダヴィデ=アポロは西洋人特有の体で、大胸筋が上めについているので鍛えればものすごいカッコいい体になる」と感心。しかし「プロレスラーとして見るならもう少し筋量があったほうがいい。あとポーズにスキが多い。“足を取ってください”と言わんばかりなので、僕だったら足を取ってドラゴンスクリューで一発ですね」とプロレスラー目線でダヴィデ=アポロ攻略法を披露。

 最後は「今回、僕がサポーターをやらせてもらったことでプロレスファンが美術館に来ることもあるかもしれないし、美術館に来ている人がプロレスに来ることもあるかもしれない。こういう交流を大事にしていきたい」と展覧会のサポーターとプロレス界のエースという2つの顔でそれぞれをアピールした。