林健太が必殺技習得?「あっちが二段蹴りならこっちは二段パンチや!」

距離を詰めてパンチを打ち込む林
9・24 「K-1」で安保瑠輝也とスーパーファイトで対戦

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」(9月24日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)に出場する林健太が8月29日、公開練習を行った。

 林はライト級スーパーファイトで安保瑠輝也と対戦する。この日は2分間のミット打ちを披露したのだが、通常の打撃の中に距離を詰めパンチを上下に繰り出す動きを随所に見せた。

 試合後の会見ではこのトリッキーな動きについて「瑠輝也は二段蹴りやからこっちは二段パンチ。そういうものを取り入れて倒してやろうかなと練習している。なんせレベルが高い技なんでスパーリングではまだ出せていない。でも試合ではスパーリングと違ってグローブが薄いんで効くと思う」などと話す。

 瑠輝也対策としては「瑠輝也は身長が高いが絞ったらその分細くなると思うんで、二段パンチを決めるためにまず足から壊していこうと思っている。飛びヒザと二段蹴りさえガードしておけば全く負ける要素はない。(自分が)負ける姿が想像がつかない。蹴り技はうまいけど近寄られたらなんもできないんと違うかなと思っているので、近寄って仕留めたい」と話した。
「ここで負けたら“ゴンナパーに負けた奴に負けた奴”になっちゃう」

 またフィニッシュについては「足を蹴って、足が痛すぎて倒れているところと、おなかを殴ってマウスピースが飛んで倒れている姿と、フックが入って失神している姿が想像できる。どれで倒れるかは分からないけど」と上中下すべてのパターンでのKOシーンを予告した。

 そして「2人ともゴンナパー(・ウィラサクレック)に負けている。ゴンナパーに負けた奴に負けたら、“ゴンナパーに負けた奴に負けた奴”になっちゃうから、しっかりここで勝って、もう1回ゴンナパーにリベンジする資格を取りに行きたい」と次の目標を定めた。

 兵庫県出身の林にとっては12月の大阪大会も視野に入るが、こちらについては「普通にKOで勝てば俺を出さない理由がなくなるんで、しっかり勝って大阪大会は絶対に出ないといけない。地元の人に生で見てもらいたい」と話した。また「二段パンチは完成する予定はまだついてないけど、12月までには間違いなく完成しているんじゃないかと思う。あとはリズム感。大阪では見せられると思う。ばっちりです(笑)」と話した。果たして二段パンチが日の目を見ることはあるのだろうか…。