EXILE AKIRAが赤裸々な自叙伝を出版「メンバーからしたらAKIRAの取説本」



 EXILE AKIRAが初めての自叙伝『THE FOOL 愚者の魂』(毎日新聞出版)の発売を記念して、2日、都内でトークイベントを行った。

 イベント前、AKIRAは取材に対応。初めての自叙伝について「自伝を出すにはまだ早いといえば早いかもしれない」といいながらも、人生の折り返し地点で自分の半生を綴った本書を「これからの自分自身にとってすごく重要でキーとなる、自分を見つめなおす本になる」と話した。

 本書では、先日37歳の誕生日を迎えたAKIRAが自身の半生を語る。学生時代のこと、学生からEXILEになるまでの空白の時間など、今まであまり語られてこなかった部分も書いている。

「下積み時代は借金もいっぱいありましたし、路上で寝て過ごすこともありました。そういうことを恥じることなく赤裸々に綴ることで、学生や若い子たちにエールを届けられるようなストーリーであったらいいなと思う」

 自身の転機になった、EXILE ÜSAとMAKIDAIについては「一番濃く描かれている」。

「今まではストリートドリーム的にしゃべらせてもらっている部分もありましたが、そのなかのドラマやストーリーは一瞬では語れないし、深い。ÜSAさんと MAKIDAIさんあっての自分ということもありますし、出会いだとか、僕がなぜ2人をこれだけ尊敬しているのかとか、僕がなぜEXILEのいちファンでいるのか、HIROさんを尊敬しているのかということが分かると思います。EXILEのことを知らない方が見てくれたらEXILEだったり僕の見方も変わると思います」

「最近、笑顔でっていわれるんです」と、AKIRA。自叙伝の表紙では「土臭い感じ」を表現しているそう。「このタイトルで笑ってたら怖い」と本人
 本は、EXILEのメンバーには既に渡っており、HIROからは「本能で読ませていただきます」という内容のメールをもらったそうで、感想が楽しみだという。

「今現在の自分、ダメな自分、ネガティブな部分も含めて綴ることによって、ある意味、HIROさんとかメンバーからしたら、AKIRAの取説本じゃないですけど、AKIRAってこういうふうに考えているんだ、こういうところが欠点なんだと分かると思う。ファンの方にはこういう一面もあるんだと思っていただけるんじゃないか」と、話した。

「自分の在り方が分からなかったり、夢が見つからなかったり、壁を乗り越えられなかったり、若い子たちだったり、同世代だったり、いっぱいいると思う」とAKIRA。改めて本書について「AKIRAもこういう人生送ってたんだ、失敗もしてたんだ、EXILEなのにそうなのとか、いい意味で思ってもらえる部分があると思う。本当におこがましいんですけど、みなさんの背中を押せるような本になったら自分が出した意味があるかなと思います」と、力強く語った。