スーパー・ライト級トーナメントで初代王座・ゲーオと大和哲也が対戦。ゲーオは負けたら引退も?!【11・3 K−1 】

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」(11月3日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)の第1弾対戦カード発表が3日、都内の会場で行われた。会見では「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント」の開催が発表。同階級は野杁正明がベルトを返上したために、王座空位のまま開催される。

 一回戦に登場する日本人選手と会見に参加したゲーオ選手のコメントは以下。

佐々木大蔵「正式にスーパー・ライト級に上げて、始めての試合がこの1戦となった。すごくワクワクしてますが、11月3日までしっかり作り上げて、今までとは違う佐々木大蔵を見せたい。トーナメントは2回目ですが、1回戦に勝たないと上がれないと前回経験したので、相手を全力で叩きます。決勝では左右田選手とやりたい。自分と正反対のキャラなので(笑)」

中澤純「最初、違う選手の打診がきていけるなと思ったんですが、そのあとバダザリアンに変わって、めっちゃ強いの当てますねと(宮田さんに)言いました。でも、1回戦に強いやつと戦えるので、レベルアップできると思う。決勝では大和選手と戦いたい。前回瞬殺されたので。左右田?2回も勝っているので、もういいです(苦笑)」
左右田泰臣「2014年のK-1の旗揚げ戦では決勝までいって、そこで名前を知ってもらえるようになった。その2年後はマスクマンとしてデビュー。その2年後の2018年は自分がどうなるのかすごく楽しみです。相手の印象?この試合に関してはマスクマン対アブドゥラマン。この一言に尽きるのかなと思います」
大和哲也「数多くのタイ人と戦ってきたが、一回戦で当たるゲーオ選手はトップクラス。目的はベルトを獲ることだが、まずは1回戦を確実に勝って、ベルトにつなげたい。(連敗しているが)強い選手だという印象は変わらないし、強い姿しか頭にない。その強いゲーオをイメージして、しっかり作り上げていきたい」

ゲーオ・ウィラサクレック「新生K-1が始まって4年経つが、もう一度必ずチャンピオンになりたいと思います。負けたら今後について、考えていかないといけないので必ずチャンピオンになります。最近はなかなか練習ができなくていい試合ができなかったけど、トーナメントの準備はできている。自分は自分の事を信じています。もしかしたらこれが最後の試合になるかもしれません。今回の試合は全身全霊、自分の力を出しきりたいと思います」

 第1回目のトーナメントでは圧倒的な強さで優勝し、その後もトーナメントではぶっちぎりの強さを見せ、絶対王者として長らく君臨したいたゲーオ。しかし、日本人キラーと呼ばれたゲーオも、最近は日本人相手に2連敗するなど苦しんでいる。果たしてゲーオは未だに強いのか? この4年間のゲーオの強さは本物だったのか? その真価が問われるトーナメントになりそうだ。

松下大紀(左)、FUMIYA
 また、この日同大会のリザーブファイトとして松下大紀とFUMIYAの対戦も発表。松下は「いいチャンスをもらったので、しっかり結果を残して次のチャンスにつなげたい。(FUMIYA選手は)肉体がゴリゴリで見るからに強そう。オフェンスもパンチも蹴りもなんでもできるので、今回の試合は面白くなると思う」とコメント。FUMIYAは「(松下選手は)身長も高いし、手足も長い。僕が勝ってるのは顔の長さぐらい(笑)。試合はやりづらいかもしれないけど、いつも通り落ち着いてガンガンいけば勝てると思う」とコメントした。
この日発表されたすべてのカード

K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦
佐々木大蔵(日本/K!GYMSAGAMI-ONOKREST)VSサム・ヒル(ニュージーランド/City Kickboxing NZ)

K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦
中澤純(日本/ATEAM Aimhigh)VSメルシック・バダザリアン(アルメニア/Muay Thai America Gym)

K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦
左右田泰臣(日本/ K-1ジム・シルバーウルフ)VSモー・アブドゥラマン(南アフリカ/Look Borai)

K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・一回戦
大和哲也(日本/大和ジム)VSゲーオ・ウィラサクレック(タイ/ウィラサレック・フェアテックスジム)


K-1 WORLD GP第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント・リザーブファイト
松下大紀(日本/K−1ジム川口TEAM SIRIUS)VS FUMIYA(日本/ボゴナ・クラブジム)