倉科カナが笑顔で断言「想像していたのより、今の自分が好き」



 倉科カナが6日、都内で行われた、化粧品ブランド「SUQQU」が15周年を記念し期間限定で行う「SUQQU 15th ANNIVERSARY POP UP EVENT“美の衝撃”」のオープニングイベントに出席した。

 普段はナチュラルメイクが多いというが、この日はモード系のメイクで登場。「気持ちも新鮮で刺激的」と話し、「普段も挑戦してみたい」と、目を輝かせた。

 ブランドが生まれた15年前、倉科は15歳。いまは大人の女性へと成長した。

 当時今の自分の姿を想像していたかと聞かれると、「全然違いますね。15歳で想像していたような大人にはなれなかったなと思います。母が早くして私を産んでいたので自然に私も家庭を持っているんだろうなと思っていましたけど、意外とそうでもなくて。仕事をバリバリと頑張っていて。想像していた自分ではなかったけど、日々楽しいです。今の自分は、想像していたのより好きです」

 15年後については、「自分のリミットを決めずに、できるだけ新しいものにチャレンジして、新しい刺激を受けて、日々新鮮な感性でいたいなと思います。例えば、車を買って、ずっとペーパー(ドライバー)だったのを卒業して、ドライブして陶芸に出かけたり、乗馬に行ったりというのが近々の目標です」と、話した。ただ、まずはごく最近始めたという朝ピラティスから。イベント中に「3日坊主になるかも……」と笑っていた。


「SUQQU 15th ANNIVERSARY POP UP EVENT“美の衝撃”」は、15周年特別アイテムを自由に試せたり購入できるほか、「顔筋マッサージ」の体験ブースも展開。また、日本初上陸のデジタルミラーを使用したメイクレッスンの動画配信サービスも行われる。神宮前のSO-CAL LINK GALLERYにて、7~9日まで。期間中は毎日11~20時まで行われる。最終日は18時まで。