eスポーツで日本の杉村、相原組が金メダル獲得

「ウイニングイレブン 2018」で優勝した杉村(左)と相原
 今回のアジア大会でデモンストレーション競技として行われたeスポーツの「ウイニングイレブン 2018」で9月1日、日本代表の杉村直紀、相原翼が金メダルを獲得した。ジャカルタ市内のマハカスクエアで行われた本大会には6月のアジア地域予選を勝ち上がった日本、香港、インド、イラン、カザフスタン、ベトナム、マレーシアに、開催国枠としてインドネシアを加えた 8つの地域代表選が参加した。

 グループステージは4チームずつの2組に分かれ3本勝負(「1対1」「2対2」「1対1」)の総当たりで行い、各グループ上位2チームが決勝トーナメントへ進出するという形式。グループBの日本はベトナムとともに決勝トーナメントに進出した。

 決勝トーナメントでは準決勝でマレーシアを破り勢いに乗ると、決勝でもイランを破り、見事に金メダルを獲得した。

 試合後、杉村は「最高の相棒と最高の舞台で金メダルを取れてうれしいです。応援していただいたすべての方に感謝しています」 、相原は「難しい大会でしたが、勝てて本当にうれしいです。国境を越えて応援していただき、ありがとうございます」とそれぞれコメントした。