浅野忠信、土屋太鳳と芳根京子の親密ぶりに「見ていてドキドキしました」

 映画『累ーかさねー』初日舞台挨拶が7日、都内にて行われ、土屋太鳳、芳根京子、浅野忠信、佐藤祐市監督が登壇した。

 原作は松浦だるまの同名人気コミック。天才的な演技の才能を持ちながらも醜い容姿に劣等感を抱く淵累(ふち かさね)と、美しい容姿に恵まれながらも舞台女優として開花できない丹沢ニナが、キスした相手の顔になれる不思議な口紅を使い入れ替わることから起こる、欲望と嫉妬のドラマを描く。土屋と芳根は入れ替わり前と入れ替わり後の、1人2役かつ2人1役という複雑な役柄を演じ切っている。

 冒頭のあいさつで、大阪や北海道の被災者にお見舞いの言葉を述べた一同。芳根は「私は北海道に親戚がいたり、朝ドラで大阪の皆さんに大変お世話になったので本当に心配な気持ちでいっぱいです」と案じていた。

 そんな“朝ドラコンビ”でもある土屋と芳根。同じ人物を演じた今回の共演について「きょんちゃん(芳根)とかなりのキスをさせていただいて…うれしかったです」と土屋が言えば芳根も「(実際にキスを)させていただきました(笑)。何回も何回もテストの時から実際に…100回くらいしましたかね。太鳳ちゃんとのキスは、もうあいさつです」と見つめ合う。そんな相思相愛ぶりに会場からは2人を冷やかすような声も。
 イベントの間たびたび目を合わせ、手をつなぐ2人。その仲の良さには共演の浅野も「撮影中も2人を見ていてドキドキしました。この人たち帰ってこれるのかな、そっちの世界の人になっちゃったんじゃないかな、と」と、完全に役になりきった2人に圧倒されたことを明かした。

 まさに一体化した役作りの秘密を聞かれた土屋は「浅野さんから“演技ノート”を作ったら、とアドバイスを頂いて、すぐきょんちゃんと作ろうということになり大学ノートを買いました」と明かし、芳根も「このとき累はどんな気持ちかとか、2人で確認し合ったことをその場で書いていきました」。アドバイスが役立ったことを聞いた浅野は「ノートにびっしり?」とうれしそうに尋ねたが2人は声をそろえて「ページ2枚分」と答え、会場の笑いを誘っていた。

 映画は現在公開中。