セス・ロリンズとディーン・アンブローズがロウタッグ王座挑戦権強奪【WWE ロウ】

タッグタイトル戦後に乱入したセスとアンブローズは大暴れ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
初防衛後の王者組を襲撃

 シールドのセス・ロリンズとディーン・アンブローズが9月10日(米国現地時間)「ヘル・イン・ア・セル」(日本時間9月17日、WWEネットワークで生配信)でドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイアの持つロウタッグ王座に挑戦することとなった。

 抗争中のシールドとブラウン・ストローマン、ジグラー&マッキンタイアはこの日行われたWWE「ロウ」(ルイジアナ州ニューオーリンズ)のオープニングでもいがみ合いを展開。その後、タッグ王座を初防衛したジグラー&マッキンタイアをセスとアンブローズが襲撃し、王座挑戦を認めさせた。
ベルトを高々と掲げたレインズ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
ローマン・レインズはストローマンをサモアン・ドロップでKO

 一方、「ヘル・イン・ア・セル」でユニバーサル王座戦を行うシールドのローマン・レインズとストローマンはエンディングで大乱闘を繰り広げる。

 ストローマンに挑発されたレインズはステージに現れるとスーパーマンパンチで先制。その後、ストローマンに捕まって実況席に寝かせられるも、スキを突いて巨体のストローマンを抱えると、落差のある通路へサモアン・ドロップを決めてKOした。

 最後はレインズがベルトを高く掲げて自身が王者であることをアピールした。

 またユニバーサル王座戦にはミック・フォーリーがスペシャルレフェリーとして金網に入る事が決定している。