女性25歳「大切な親友を傷つけてしまいました」【黒田勇樹のHP人生相談 97人目の3】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 舞台「スーパー名探偵のファイナル事件簿」が9月6日に終わりました。お天気が悪い日も多かったのに多くのお客さんに来ていただきました。劇場で過去2番目の観客動員だったそうです。ありがとうございます。

 こちらにすっかり注力してまして、8日にTOKYO MX2で放送された「妖ばなし」内の「豆腐小僧」のことをお知らせするのをすっかり忘れていました。皆さん、ご覧いただけたでしょうか? ご覧いただけてるといいのですが…。

 さて気を取り直して今週も始めましょう。
写真・https://www.pakutaso.com/

※編集部注:相談者の前回のお悩みはこちら( http://www.tokyoheadline.com/418736/
あだもす(女性25歳)のお悩み
父の言葉と黒田さんの言葉がリンクして重くのしかかっています


 黒田さん

 お返事遅くなりました。

 父はストイックを体現したような人で多くを語らないので、星の王子さまの重みは当時も強く感じていました。

 そんな父から昔言われた

「信頼を築くのは大変で、崩れ去るのは一瞬だ」

 という言葉が、黒田さんの言葉とリンクして重くのしかかっています。

 なんだか父と会話しているようです。

 実際はほとんど会話なんてしませんが。

 本来は骨身を削って築くはずの信頼関係を、偶然ではありますが急ごしらえで築いてしまったのだから、保つにはそれ相応のエネルギーと時間が必要なのはわかりきっていたことですね。

 お手伝いの例、よくわかります。

 どちらかと言うと私は「◯時からなら手伝うよ!」って言う側ですが、この場合相手に対して、「××さん(私)も忙しいなら、そこまでしてもらうほどじゃないな」って判断を促す意味を、意図はしていませんが、言外に込めて言っているような気がします。

 結局時間の制約を設けると言うことは、黒田さんのお言葉をお借りするなら、双方にとってエネルギーのかかるものという事なのでしょうね。

 3ヶ月自転車の旅に付き合う…

 具体的に考えたときに、やはり、仕事が片付いたら、ある程度お金が貯まったら、と考えてしまいます。

 その準備が整っていればいつでも付いていきますが、それでは答えになっていませんね。

 なので答えはNOです。

 冷たい人間ですみません。


◆黒田勇樹
「今はどうにもなんない」そして「いつかどうにかできる日が来る」



「それでは答えになっていませんね」!?

 ノーノーノー!

 むしろ「それが答え」だ!

「今はどうにもなんない」

 そして

「いつかどうにかできる日が来る」

 これが相談者さんとご友人の現状出しうる、最適な答えではないでしょうか?

 近すぎる関係だと、時を経れば、ご友人も一時的にショックを受けてしまった部分が和らいだり、対人スキルが上がっていたりするかもしれません。

 もちろんそれは相談者さんにも起こりうる変化なわけで。

 僕は相談者さんより10年ほど長生きをしておりますが、二度と会いたくないと縁を切った人や、会いたくてももう会えないだろうなと思った人と、ひょんなことで再会したり、なんなら十数年ぶりに再会した友人と一緒に舞台に立ったりもしています。

 また先日、子供の頃によく遊んでもらっていた母の友人グループと一同に再会する機会があったのですが、

 大人の30年、とても色々なことがあったはずなのに

 まるであの頃と変わらず、悪態をつき合ったり、一人空気が読めなかったり、おっちょこちょいだったり、お姫様だったり、まるで変わらない人間関係を見せて頂きました。

 それを見た僕は、なんというか「今縁が切れたり拗れたりしている人たちともいつかこんな日が来るのかもしれない」と、すごく楽な気持ちになりました。

 決して相談者さんは「冷たい人間」ではなく、ちょっと今は忙しかったり運が悪かったり、キャパが追いついていなかったりするだけなんです。

「今の自分に解決できないこと」は、大人の姿を見てみることで、安心することが出来るのかもしれません。

 相談者さんにも、最適なモデルケースになりうる方がいらっしゃるじゃないですか!

 今こそ、お父さんと「友人」についてお話してみるときかもしれませんね。

 どんなことにも「身動きの取れない状況」が訪れるけど、それはきっと永遠ではないのです。

 心と体の健康を保ちながら、機が巡ってくるのを待ちましょう。
黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として活躍。主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともに TBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にてキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパー・メディア・フリーター」と名乗り、ネットを中心に謎の活動を開始。2012年3月には自身のことを記録した『非俳優生活100days』を刊行。 現在は「廃優」と名乗り、俳優業に復帰しているとの噂も。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>

「メロンパンナちゃんのかないみかさん、仮面ライダー剣の椿くんと朗読劇やります!」

 https://ameblo.jp/kurodax-blog/entry-12396906601.html 

「キヤノンギャラリーで美少年だった僕が見れます」
http://cweb.canon.jp/gallery/s/sp/archive/exhibition126.html

「妖ばなし」クランクイン!続報を待て!

 


「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog

「ファンクラブ始めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/10006


【ひめくりワンダホー】ぽぽくん(3歳4カ月)
【ひめくりワンダホー】ハルくん(3歳6カ月)
【ひめくりワンダホー】ロンくん(0歳10カ月)
【ひめくりワンダホー】まるくん(1歳2カ月)
【ひめくりワンダホー】アストルくん(4歳2カ月)
Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】第22回 『まつジェニックな姪っ子』