中邑真輔尻目にジェフとオートンが大乱闘【WWE スマックダウン】

中邑とジェフの一戦は反則裁定に(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
中邑vsジェフにオートンが乱入

 WWE「スマックダウン」(現地時間9月11日、ルイジアナ州ラファイエット)で中邑真輔がジェフ・ハーディとシングル戦で対戦した。

 中邑がグラウンドでのヒザ攻撃、スピンキックを繰り出せば、ジェフがウィスパー・イン・ザ・ウィンドで応じるなど2人は互角の攻防を展開。

 中邑がエプロンでジェフにランニングニーを叩き込み、続けてキンシャサを狙うも、ジェフはこれを回避し、逆にツイスト・オブ・フェイトを炸裂。コーナートップに登ってスワントーンボムを狙ったが、ここで因縁のランディ・オートンが突如現れジェフを襲撃。試合は反則裁定となってしまった。
乱入してきたオートン(左)にジェフがパイプイスで一撃(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
「ヘル・イン・ア・セル」ではジェフとオートンが対戦

「ヘル・イン・ア・セル」(日本時間9月17日、WWEネットワークで生配信)でジェフとのシングルマッチが決定しているオートンは試合終了後もジェフを場外に落としてなおもパイプ椅子で攻撃。さらに起き上がってきたジェフに対してRKOを狙ったが、これをかわしたジェフはお返しとばかりにパイプ椅子を振り下ろす。そしてツイスト・オブ・フェイトからのスワントーンボムでオートンを返り討ちにした。