岡田結実らオスカータレントが女優宣言

岡田結実、宮本茉由、玉田詩織(写真左から)
 米倉涼子、菊川怜らが所属するオスカープロモーションが12日、都内で「女優宣言お披露目記者発表会」を2年振りに開催した。

 現在、バラエティ番組を中心にタレントとして活躍中の岡田結実、第1回ミス美しい20代コンテスト審査員特別賞受賞の宮本茉由第15回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞の玉田志織の3名が、女優への転身を宣言をし、応援に駆けつけた特別ゲストの菊川怜、河北麻友子、田中道子らに花束とエールを贈られた。

 3人とも、突然女優宣言すると思っていなかったので自分自身が驚いていると言いながらも、岡田は「2年前に(オスカー所属後)初めてこのイベントを見た時、負けないぞ! いつか自分もこの舞台に立ってやるぞ! という気持ちが芽生えました。男装が好きなので、男性の役もやりたいし、性別にこだわらず、どんな役でもやってみたい!」と気合十分。



 現在、23歳の宮本は「20歳まで普通の大学生でした。20代からのデビューは難しいと言われていますが、努力すれば夢は叶うと思います」と述べ、玉田は「おとなしいと思われているんですが、本当は違う。自分にしかできない役や色々な役もやってみたい。インパクトがある女優になりたいです」と意気込みを語った。

 また、この女優宣言を誰に伝えたいか? という質問に岡田は「ここまで育ててくれた両親と兄や親せきにお礼を言いたい。父にもまだ伝えていませんが、『ワォ!!』と返ってくるのを期待したいです」と笑わせた。


田中道子、菊川怜、岡田結実、宮本茉由、玉田志織、河北麻友子(写真左から)