朝倉兄弟がハードなマススパー披露。揃って勝利宣言【9・30 RIZIN】

未来(左)と海の朝倉兄弟
未来「地元にいたときは毎日ガチスパーだった」

「RIZIN.13」(9月30日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する朝倉未来と海の朝倉兄弟が9月13日、東京都内で揃って公開練習を行った。

 2人は3分間のマススパーリングを披露。“マス”にしてはかなりハードなものとなったのだが、兄の未来は「地元にいたときは毎日ガチスパーだった。これの当てているバージョン。お互いに目が良くて、手の内も分かり切っているので、だいたい本気でやっても当たらない。だから本気でやってケガをしたということもないです。逆に今みたいに抜いている時のほうがケガをする可能性があるくらい」と涼しい顔。コンディションについては「ばっちり」と声を揃えた。

 快進撃を続ける朝倉兄弟はもともと愛知県を拠点とし、約1年前に上京してきた。この1年間について海は「この1年で自分でも分かるくらい強くなった。向こうにいた時は自分たちで考えながら練習していた。同じ階級で強い選手もあまりいなかったので2人で練習することも多かった。今は強い人たちに囲まれて毎日スパーリングができて、教えてもらうこともたくさんある。日々強くなっている」、未来は「地元ではレスリングが習い事としてもなかなかなかった。レスリングのテクニックがすごく向上したと思う。テイクダウンをまず取られないし、取られたとしても寝技でやっつけられることはない。(日沖戦は)テイクダウンを取られないという自信もあったし、下になっても立てるんでいいや、っていう感じで打撃でどんどん攻められたので結果につながった」などとそれぞれ振り返った。
未来(右)のストレート
海(左)のフック
相手はともに「タイガームエタイ」の強打の持ち主

 また未来はRIZINデビュー戦となった日沖戦について「自分の中では勝つことは分かっていた。練習仲間や周囲はみんな俺が勝つと思っていた。証明されていないことが証明できたというだけ。最初から自信があったんで、勝ったから自信になったということではないです」などと続けた。

 今大会で未来はカウシャガ・ダウトベック、海はトップノイ・タイガームエタイと対戦。ともにタイの「タイガームエタイ」ジム所属の強打の持ち主。

 未来は「打撃に関してはかなりやっかい。練習仲間でもああいうタイプの飛び込みとサウスポーで強いパンチを打つ人はいないのでぶっつけ本番の要素が多い。KOを狙っていますが、俺は寝技でも蹴ったり殴ったりするので総合での強さを見せたい。今まで全試合1RでKOしているので寝技の展開になったことがない。そこもぶっつけ本番。どれくらいできるかは試合をしてみて分かるところ。もしかしたら俺より寝技がうまいかもしれないですけど、まあ、それはないだろうと思っています」

 海は「会場で見ていて、強いとは分かっていたがやはり強かった。ムエタイで何百戦とやっていて、打撃は一流だと思うし、今回ヒジありで受けたんですが、過去の試合を見ると結構ヒジでKOしている試合も多いのでそこは警戒しないといけないところ。理想は打撃でKOしたい。まあ、やってみて臨機応変に。総合力では僕のほうが上回っているのでいろいろ使いながら、最終的にKOできればいい」とそれぞれ語った。
練習後は揃って会見に臨む
ともに勝って大晦日参戦へ!

 急激に格闘技ファンからの注目度が高まる2人。ここで勝てば大晦日への連続参戦も現実的な話となるが、未来は「今回、無名の選手を当てられてイライラしているんで、次は勝って名前のある選手とやらせてもらいたい」とアピール。前戦の試合後の会見で高谷裕之、川尻達也といった名前を挙げたが「ファンが喜ぶ試合をしたいと常に思っていて、そういう選手とやると面白いのかなと勝手に思って言っただけ。特別な思いはない」と話した。

 海も「大晦日がメインだと思っている。だから今回は負けていられない。2人で盛り上げたい」と続いた。