中田英寿プロデュース! 新キットカットを日本の酒とペアリング/9月16日(日)の東京イベント

「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」24日まで開催中
 日本酒の魅力を発信し続けている元サッカー日本代表の中田英寿氏プロデュースのもと開発した新商品「キットカット 梅酒 舞鶴」が18日から全国発売。同商品をいち早く体験できる「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」が24日までの期間限定で開催している。会場は、海外観光客の利用も多い東日本橋にある宿泊施設CITAN内。インバウンド向け日本酒バーとしても注目を集めそうだ。
左:18日から全国発売となる「キットカット 梅酒 舞鶴」9枚入り700円 右:発売中の「キットカット 日本酒」
 期間中は「キットカット 梅酒 舞鶴」とのペアリングのために作られたオリジナルカクテル「紀州トニック」「Suppai-Colada」の2種を提供。「紀州トニック」は平和酒蔵の「紀土 純米吟醸酒」とASIA 50 BEST BAR 2018でトップ16にランクインした恵比寿のBar TRENCH自家製の「バジルとキュウリのビネガー」を使用したカクテル。「Suppai-Colada」は「キットカット 梅酒 舞鶴」の原料の1つである「梅酒 舞鶴 すっぱい」を使用し、ゆずのシャーベットとホワイトカカオのリキュールを合わせ、さらにローズのガーニッシュを加えたまろやかなくちあたりと梅酒のさわやかさを味わえるカクテル。「キットカット」とペアリングしたカクテルの登場はこれが初。
「キットカット 梅酒 舞鶴」とのペアリングのために考案された「紀州トニック」1000円、「Suppai-Colada」1200円
 さらに中田氏が厳選した梅酒4種と日本酒12種、計16種も提供。作り手との直接のコミュニケーションを通して、海外の方にも正しい日本酒や梅酒の知識を持って帰ってもらいたいとの中田氏の思いから、各銘柄の蔵元が日替わりで自らお酒をサーブ。交流しながらお酒の知識に触れることができる。また、西日本豪雨被害に遭った酒蔵を応援する「西日本豪雨復興応援利き酒セット」も登場。中田氏が厳選したお酒を、作り手たちと触れ合いながら味わってみては。
西日本豪雨被害に遭った酒蔵を応援する「西日本豪雨復興応援利き酒セット」も登場
 会場には、梅酒や日本酒の世界観を楽しめる空間演出や、徹底した温度管理を実現する世界初の日本酒セラー、陶芸家・林恭助氏と中田氏が共同プロデュースした日本酒専用酒器など、中田氏のこだわりが満載。キットカットや日本のお酒に興味のある海外からのゲストと一緒に出かければ、素敵な旅の思い出作りも提供できそうだ。
梅酒や日本酒の世界観を楽しめる空間演出
「CRAFT SAKE WEEK @ KITKAT BAR」
【期間】2018年9月13日(木)~24日(月・振休)
【時間】月~木および日:18~24時(LO23時30分)、金土:18~25時(LO24時30分)
【場所】CITAN(中央区日本橋大伝馬町15-2)
【URL】https://nestle.jp/brand/kit/tsuruume/