西岡蓮太と笠原弘希が初戴冠、深田一樹は2階級制覇達成【9・15 SB】

西岡(左)の左ハイが村田を襲う(撮影・鬼束麻里)
西岡が7Rに渡る死闘を制する

「SHOOT BOXING 2018 act.4」(9月15日、東京・後楽園ホール)で三大タイトルマッチが行われた。

 前SB日本スーパーフェザー級王者の村田聖明と西岡蓮太によって行われたSB日本ライト級(62.5kg)王座決定戦は5Rの本戦が終わった時点でジャッジ3者とも50-50のドロー。無際限延長ラウンドに突入し、延長2R目で西岡が2-0の判定で村田を振り切り初の王座を獲得した。
判定の瞬間、村田(右)は崩れ落ちた(撮影・鬼束麻里)
村田聖明は2階級制覇ならず

 試合はやや動きの硬い村田に対し、西岡は足を使ってパンチをかわしては自ら打ち合いに臨むなど変幻自在の動きを見せる。村田もパンチの連打で追い込む場面も作るが、西岡は決定打を許さず、連打で反撃するなどジャッジの難しいラウンドが続く。

 延長の1R目もともに一歩も譲らむ打ち合いで1-1のドロー。2R目は西岡が手数で上回る。村田も西岡の強烈な前蹴りで鼻血を吹き出しながらも最後まで打ち合ったものの、ジャッジは2-1で西岡を支持。

 7Rに及ぶ激闘の末、西岡が初のベルトを巻いた。
深田(右)が苦しい試合を制した(撮影・鬼束麻里)
深田一樹が悲願の2階級制覇を達成

 村田が返上したSB日本スーパーフェザー級(60.0kg)王座は深田一樹と上田一哉の間で王座決定戦が行われ、5Rを戦い切り2-0の判定で前SB日本フェザー級王者の深田が勝利を収め、悲願の2階級制覇を達成した。

 試合は序盤から上田が長い足を生かした強烈な右のミドルキックで主導権を握る。スコアがオープンされた3Rの時点では一人が30-29で上田を支持した。
 
 右ミドルに右ストレートで深田を攻め込む上田に対し、深田は一気に距離を詰め、パンチで反撃。最初は組み止め、ヒザを放っていた上田だったが、ここでキャリアの浅さを露呈。深田の圧力に後半はクリンチして攻撃をしのぐ場面が続き、5Rにはホールディングで注意が与えられてしまう。

 試合は序盤の不利な局面を打開し、臨機応変に戦った深田が2-0の判定で勝利を収めた。
笠原(左)のミドルと元貴のパンチが交錯(撮影・鬼束麻里)
SB日本フェザー級王座決定戦は笠原弘希が判定勝ち
 深田が返上したSB日本フェザー級(57.5kg)王座は笠原弘希と元貴の間で王座決定戦が行われ、笠原が3-0の判定で勝利を収め、初戴冠を果たした。

 序盤は元貴が左のジャブを有効に使い試合をリードするが、2Rに入ると笠原がパンチの連打で反撃。強烈なボディーブローで元貴を追い込んでいく。スコアが公開された2Rは1人、3Rは2人のジャッジが笠原を支持する。

 しかし悲願のタイトル奪取にかける元貴は笠原のボディーブローに顔ゆがめる場面もあったが、持ち前のスタミナでパンチの連打で反撃。5Rにはその元貴の闘志に笠原も「打ってこい!」と応え、最後まで激しい打ち合いを展開した。

 意地でも倒れない2人の戦いは結局判定に持ち込まれ、50-48、50-47、50-47の3-0で笠原が勝利を収め、ベルトを腰に巻いた。
「SHOOT BOXING 2018 act.4」(9月15日、東京・後楽園ホール)

◆第8試合 65.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長R ※ヒジ打ちあり
●海人(TEAM F.O.D/SB日本スーパーライト級王者)(6R判定0-2=9-10、10-10、9-10、本戦判定0-1=49-50、50-50、50-50)チャムアトーン・ファイタームエタイ(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者、元ルンピニースタジアム認定スーパーライト級王者、現同スタジアムウェルター級2位)〇

◆第7試合 SB日本ライト級(62.5kg)王座決定戦 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
●村田聖明(シーザージム/前SB日本スーパーフェザー級王者)(7R判定1-2=10-9、9-10、9-10 6R判定1-1=9-10、10-10、10-9 本戦判定0-0=50-50、50-50、50-50)西岡蓮太(龍生塾/同級1位)〇

◆第6試合 SB日本スーパーフェザー級(60.0kg)王座決定戦 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
◯深田一樹(龍生塾ファントム道場/前SB日本フェザー級王者)(判定2-0=50-49、49-49、50-48)上田一哉(シーザージム新小岩/同級3位)●

◆第5試合 SB日本フェザー級(57.5kg)王座決定戦 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
◯笠原弘希(シーザージム/同級1位)(判定3-0=50-48、50-47、50-47)元貴(DAB/同級3位)●

◆第4試合 50.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)(判定3-0=30-28、30-28、30-28)山口遥花(仰拳塾)●

◆第3試合 71.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯坂本優起(シーザージム/前SB日本スーパーウェルター級王者、同級3位)(2R1分39秒、フロントチョーク)奥田啓介(デンジャーゾーン)●

◆第2試合 SB日本スーパーバンタム級(55.0kg)王座決定トーナメント準決勝 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯植山征紀(龍生塾ファントム道場/同級1位)(2R2分42秒、TKO)伏見和之(シーザー力道場/同級3位)●

◆第1試合 SB日本スーパーバンタム級(55.0kg)王座決定トーナメント準決勝 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●川上 叶(龍生塾/同級2位)(1R3分、KO)笠原友希(シーザージム/同級4位)◯

◆オープニングファイト 68.0kg契約 スターティングクラスルール 2分3R延長1R
◯義光(シーザージム/SB日本ウェルター級)(1R1分32秒、TKO=ドクターストップ) SHINGO(LEOジム)●