黒部三奈 浜崎戦は「骨を切らせて骨を断つ」【9・30 RIZIN】

「RIZIN.13」で浜崎朱加と対戦する黒部三奈
浅倉カンナをパートナーに打撃のスパーを公開

「RIZIN.13」(9月30日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場するDEEP JEWELSアトム級王者・黒部三奈が9月18日、東京都内で公開練習を行った。

 黒部は今回、元Invicta FC世界アトム級王者の浜崎朱加と対戦する。

 この日はかねてからともに練習をしている「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」優勝者の浅倉カンナと3分間の打撃のスパーリングを公開した。

 以前、浅倉が公開練習を行った時には黒部がパートナーを務め、練習後の会見は2人揃って行ったのだが、この日も会見には2人で臨んだ。

 グラップリングを得意とする黒部ではあるが打撃のスパーを行ったことについては「たまには打撃をやっちゃおうかな、と思った(笑)」とその真意は明かさず。

 黒部は「スタミナモンスター」というキャッチフレーズが物語る通り、無尽蔵のスタミナを生かした戦い方が身上。そのスタミナについては「昔から瞬発力がない代わりに持久力がある。小さいころからドロケイをやっても“しつこい”といわれるくらいずっと相手を追いかけていた(笑)」と幼少期のエピソードを明かし、「今も結構長い時間練習をする。ダラダラといえばダラダラ。試合がない時は柔術だったら技を習うところからなので、1日5時間くらいやることもある」と話すなど過酷な練習の賜物であることをにおわせる。
この日はなぜか打撃のスパーを公開
高校時代は囲碁で全国大会に出場

 そして自らのバックボーンについては「格闘技をやる前は山登り。テントを張るような本格的なものではなく。でも人がいなければ走って登っていた。中学の時はソフトボール部。練習がきつくてやめてしまって、その後は陸上部で砲丸投げ。高校は囲碁部。囲碁は一応、全国大会に出場しました。囲碁の経験は柔術には生きているかも。相手を追い詰めていくところとか…? どうなんでしょうかね(笑)。砲丸投げは基礎体力的には役立っているかもしれないけど、格闘技にはそんなに役に立ってはいない」と飄々としたコメント。

 そんな黒部について浅倉は「体力もそうだし、自分と比べて経験の差も感じる。あと気持ちが誰よりも強いのではないかと思う。練習も人以上にきついことをやっているイメージ。そんなにやるの?って感じ」と話した。

 黒部は浜崎との試合については「パワーとか、浜崎さんの得意のパターンに入ったら向こうが強いと思うが、細かいところを突いていけば、なんとか自分が勝てる道が出てくるかと思う。しのいでしのいで最後は勝つという展開を作れれば。しつこさでは負けないです。簡単ではないと思うが、“肉を切らせて”ではなくて“骨を切らせて骨を断つ”くらいの気合で乗り切りたい」」と話した。
最後は会見中とは立ち位置を変え、大会ポスターを挟んでポーズ
「マーク・ハントの分も私が頑張りたい」

 浅倉も「黒部さんは相手のスキを突くのがうまいし、相手の良さをつぶしてくるので、いつも練習をしていても自分が思っていることをなかなかやらせてもらえない。しつこさもあるし、少しのスキも逃さない。黒部さんのそういうところがたくさん出せれば」と試合展開を予想した。

 この試合の勝者が浅倉に挑むという展開は大いにある流れなのだが、浅倉は「なるようになると思うので、今は先のことは考えないでやっている」と話したうえで黒部に「お願いします」と浜崎狩りを託した。黒部も「頑張ります(笑)。でも先のことは考えられないね」と口をそろえた。

 黒部は今年3月の JEWELSでの防衛戦以降、彼氏ネタが定番。今回勝てばRIZINの榊原信行実行委員長にマーク・ハント似の彼氏候補を紹介してもらうことを要求しているのだが、浅倉戦に関しても「マーク・ハント似じゃダメ。本人だったら考える(笑)。“似”だったら動かない(笑)」とキャラを貫いた。もっとも、ハントについては「最近負けてしまったので、その分も私が頑張りたい」としたうえで「好きなところはすべて。見た目もカッコいいし、戦い方も」と話すなど、好みについてはガチなところを見せた。