初の王者同士の対戦「リコシェvsダン」は乱入で反則決着【9・20 WWE NXT】

ともにベルトを携え対峙するリコシェ(左)とダン(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
ダンのサブミッションとリコシェの空中戦で好試合を展開

 WWE「NXT」(日本時間9月20日配信)で北米王者リコシェと英国王者ピート・ダンが両者の王座を賭けて対戦した。NXTで王者同士の直接対決が実現するのは今回が初めて。

 試合はともに相手の実力の探り合いからスタート。そしてダンが得意のサブミッションでリコシェの左腕に集中攻撃。これで腕を痛めたリコシェだったが、トペ・スイシーダやシューティングスタープレスで反撃。両者譲らぬ攻防を見せるがリコシェがリバースフランケンシュタイナーを決めて勢いづくと、DDT、さらに雪崩式フランケンシュタイナーからのフェイスバスターでダンを追い詰める。
白熱の攻防も乱入で台無しに(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
アンディスピューテッド・エラが乱入し試合をぶち壊す

 しかしいずれも決定打とはならずダンはカウント2で跳ね返す。逆にダンは三角絞め、左腕へのアームロックとまたしてもリコシェの左腕に攻撃の的を絞る。これを強引に外したリコシェが垂直落下式ブレーンバスターを炸裂させると両者ダウン。

 するとそこに抗争中のNXTタッグ王者アンディスピューテッド・エラ(ロデリック・ストロング、カイル・オライリー)が乱入して試合をぶち壊してしまった。遅れてレイモンド・ロウとハンソンのウォー・ライダーズが駆けつけて救出するも試合は反則裁定に。

 しかし、両王者の激闘に会場のファンからは暖かい拍手と「NXT」コールが送られた。