【EXILE CUP 2018】ディアブロッサ高田FCが優勝! EXILE ÜSAらが応援



 小学生のフットサル大会「EXILE CUP 2018」の決勝大会が23日、ありがとうサービス.夢スタジアム(愛媛県今治市)で行われた。大会には、EXILE ÜSAや元E-girlsのDream Aya、Dream Shizuka、Happinessの川本璃、FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバーなど、LDH所属アーティストが応援に駆け付け、未来のJリーガーにエールを送った。

 決勝大会では、全国9地区12会場で行われた予選大会を勝ち抜いた12チームの強豪が、日本一の座をかけて集結した。

 決勝戦は、予選リーグを勝ち上がった関東の強豪チームP.S.T.C. LONDRINA SF UMと関西の代表チームディアブロッサ高田FCが対戦。激闘の末、PK戦となり、ディアブロッサ高田FCが2本の鋭いシュートを決め、優勝を果たした。

 優勝したディアブロッサ高田FCには、EXILE賞として「ヨーロッパサッカー夢者修行」が贈られた。同賞では、大会アンバサダーを務めるサッカー日本代表・香川真司の試合観戦や、現地のクラブチームとの練習試合など、選手たちが世界のサッカーに触れる機会が与えられる。
決勝戦の後には、ÜSAやFANTASTICSらLDH所属アーティストや、岡田武史氏とラモス瑠偉氏による合同チーム「TEAM OKADA」と、決勝大会に出場した子どもたちによる選抜チームのエキシビジョンマッチも
 ビーチサッカー日本代表監督のラモス瑠偉氏は、「今日の試合に出場した選手たちの中から、近い将来、日の丸を背負う選手が出てくると思う。どのチームが優勝してもおかしくない、素晴らしい大会だった」と、選手を称賛。

 EXILE ÜSAは「子どもたちが一生懸命にボールを追う姿に感動した。この大会で一歩でも成長してくれたらうれしい」とコメントした。

「EXILE CUP」は、小学4年生から6年生を対象にしたフットサル大会。子どもたちの夢を応援するために、LDHが社会貢献活動の一環として2010年からスタート。今年で9回目を迎えた本大会は、全国から523チーム、約4500人の子どもたちが参加した。
 
 サッカー元日本代表監督の岡田武史氏も、「9年間に渡って大会を続けてきた結果、このEXILE CUPに出場して、現在、U-16の日本代表になって活躍している選手もいたりと、この大会を通じて選手が育っている。みんなにも、いろんな経験を通して、将来日本のサッカーを支えるような選手になってもらいたい」と、期待を寄せた。