イランのシナ・カリミアンが初代クルーザー級王座を獲得【9・24 K-1】

1回戦のカリミアンvs OD・KEN(撮影・荒木理臣)
1回戦はOD・KENを延長ラウンドでKO

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」(9月24日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント」でシナ・カリミアンが優勝を果たし、初代王者に輝いた。

 カリミアンは1回戦でOD・KENと対戦。KENの特攻ファイトに手を焼き、本戦では1-0でドロー。延長戦でもKENの勢いは止まらないものの、カリミアンは飛びヒザの着地からパンチの連打。コーナーに詰めパンチとヒザを打ち込みダウンを奪った。

 なんとか立ち上がったKENだったが、ダメージが深く、レフェリーが試合を止め、カリミアンのKO勝ちとなった。
準決勝ではK-Jeeを粉砕(撮影・荒木理臣)
準決勝ではK-Jeeを圧倒

 カリミアンは準決勝ではK-Jeeと対戦。1R開始早々からパンチの連打でラッシュをかける。K-Jeeがガードを固めしのぐと、今度はヒザがボディーを襲う。距離を取って体勢を整えようとするK-Jeeだが、カリミアンはすぐに距離を詰めパンチを打ち続ける。なんとか3R立ち続けたK-Jeeだったが後半はボディーを効かされてしまい体をくの字にする場面も。試合は判定となったが2人が30-27をつけるなどカリミアンが圧倒し、決勝に駒を進めた。
カリミアン(左)とバクーリの決勝戦(撮影・荒木理臣)
決勝は逆転のバックハンドブローでバクーリに判定勝ち

 決勝では上原誠、杉本仁を破り上がってきたプバック・エル・バクーリと対戦。2試合で7R戦ってきたカリミアンは1Rこそバクーリの重いパンチに苦しんだものの、2Rにはバックハンドブローで逆転のダウンを奪う。ダメージの大きいバクーリもすぐに反撃。2人は最後まで死力を尽くした打ち合いを見せた。

 判定は1人が28-28だったものの、2人が29-28でカリミアンを支持した。

 カリミアンは試合後の会見に大きく左目をはらせた状態で現れ「決勝はコンディションが悪くて自信がなかったが、できるだけ頑張った。優勝できてうれしい」と語った。
初代クルーザー級王者となったカリミアン(撮影・荒木理臣)
K-1甲子園の-65kgは近藤魁成が2連覇達成(撮影・荒木理臣)
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」(9月24日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)

◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
◯小倉尚也(スクランブル渋谷)(1R38秒、KO)リョウタ(鷹虎ジム)●

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1ライト級/3分3R
◯東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-0=28-28、29-28、30-27)瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)●

◆K-1甲子園2018 ~高校生日本一決定トーナメント~ -55kg決勝戦/2分3R・延長1R
●笠見瑠伊(茨城/鹿島学園高校2年)(3R33秒、KO)多久田和馬(神奈川/岸根高校1年)◯

◆K-1甲子園2018 ~高校生日本一決定トーナメント~ -60kg決勝戦/2分3R・延長1R
◯山浦力也(長野/佐久平総合技術高校3年)(判定3-0=30-28、30-28、30-27)清水隆誠(大阪/美原高校3年)●

◆K-1甲子園2018 ~高校生日本一決定トーナメント~ -65kg決勝戦/2分3R・延長1R
◯近藤魁成(大阪/西成高校2年)(判定3-0=30-27、30-27、30-27)大庭龍華(東京/練馬工業高校1年)●


◆第1試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
◯RUI(K-1ジム蒲田チームキングス)(3R2分49秒、KO)古田 太一(ポルティファミリアジム)●

◆第2試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●OD・KEN(ReBORN経堂)(EX1R39秒、KO/本戦判定0-1=29-29、30-29、29-29)シナ・カリミアン(WSRフェアテックス・イラン)◯

◆第3試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
◯K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)(1R2分37秒、KO)ブライアン・ミクグラス(上州松井ジム)●

◆第4試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
◯杉本 仁(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)(判定3-0=30-29、29-28、30-28)アンドレ・グロース(Firewalker Gym)●

◆第5試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
●上原 誠(士魂村上塾)(1R1分5秒、KO)ブバッカ・エル・バクーリ(Siam gym)◯

◆第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)スアレック・ルークカムイ(STURGIS新宿ジム)◯

◆第7試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
◯安保瑠輝也(team ALL-WIN)(3R44秒、KO)林 健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)●

◆第8試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
●小澤海斗(K-1 GYM EBISU FREE HAWK)(判定0-3=27-30、27-30、27-30)芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)◯

◆第9試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
◯シナ・カリミアン(判定3-0=30-27、30-28、30-27)K-Jee●

◆第10試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●杉本仁(2R1分40秒、KO)ブバッカ・エル・バクーリ◯

◆第11試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
◯皇治(TEAM ONE)(延長判定2-1=9-10、10-9、10-9/本戦判定1-0=30-29、30-30、30-30)スタウロス・エグザコスティディス(Nasos/Mejiro Gym)●

◆第12試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
◯武居由樹(POWER OF DREAM)(1R1分42秒、KO)アクラム・ハミディ(Team Valente)●

◆第13試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
◯武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R2分9秒、KO)ダニエル・ピュータス(Ultimatum Fight School)●

◆第14試合/K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
◯シナ・カリミアン(判定2-0=29-28、28-28、29-28)ブバッカ・エル・バクーリ●