杉咲花、岩田剛典の“惜しい”感涙エピソードを披露「間に合えばかっこよかった」

 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の公開直前イベントが26日、都内にて行われ、主演の岩田剛典、杉咲花、主題歌を担当したE-girlsが登場した。この日は“パーフェクトナイト”と題しE-girlsが主題歌を初めてメディア、そして主演の2人の前で披露。舞台袖から感動しながら見ていたという2人も「正面から見たかった」とキレキレのパフォーマンスに大感激。

 しかもメンバーの坂東希は杉咲の高校時代の同級生とのことで「いつも仲良くさせてもらっています」と明かし、杉咲も「学校の帰り道に、いつか私が出た作品で、主題歌をのんちゃんたちがする、という話をしていて、本当に叶いました」というドラマティックなエピソードを披露。うれしそうに照れる2人の姿に、岩田も「スーパー同級生ですね!」と驚きの表情をみせた。
 またこの日は映画にちなみ、登壇者たちが人生で一番泣きそうになったエピソードと、その“パーフェクトワード”をフリップで紹介。E-girlsを代表して「涙のオツカレ」と書いた佐藤晴美は「この11人で初めてのツアーファイナルを迎えた最終日、スタッフさんが客席から見えない場所に“オツカレ”と4文字を大きなボードで飾ってくださっていて、本番中にメンバーがそれを見つけ、その下を通ったメンバーから号泣していく、という。お客さんから見たら不思議だったと思いますが本当に感動したできごとでした」という感動体験を披露。
 杉咲は「この映画のクランクアップです。今までに無いくらい現場の皆さんと話し合いながら作っていて、この映画のように温かくて優しい空気が流れる現場で、気づいたら大好きになっていて終わったときに泣いてしまったんです。あとから、先に撮影を終えていた岩田さんが、間に合わなかったんですけど、本当はその場に駆けつけようとしてくださっていたと聞いて、改めてなんて優しい人たちに囲まれていたのかと思いました」と語り、岩田も「間に合っていたらかっこよかったんですけどね」と照れ笑い。
 そんな岩田は「ボケるかどうか迷ったんですけど(笑)」と言いつつ三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーとなった瞬間のエピソードを披露。「やはりデビューが決まったときですね。芸能界に入る前、肉体的にも精神的にも追い込まれてきていて、HIROさんから合格と聞いたときに張り詰めていたものが解けて。その言葉を頂いた瞬間いきなり、どわーっと涙があふれてきたんです。8年くらい前なんですけど今だに鮮明に覚えています」と感動の瞬間を振り返った。

 最後に岩田は「今回、障がいのある役を初めて演じましたが、障がいに関係なく誰もが人生で直面することを描いています。主演の2人だけでなく登場人物に誰かしら感情移入できる作品。何より花ちゃんが最高にかわいい映画になっています(笑)」とアピールしていた。

 映画は10月5日より全国公開。