大雅が「自分とやるのは早いというところを見せたい」【9・30 RIZIN】

軽快なシャドーを見せる大雅
キックルールで原口健飛と対戦

「RIZIN.13」(9月30日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する大雅が9月26日、東京都内で公開練習を行った。

 大雅は紹介を受けトレーニングを始めたという「GRIT NATION」で動作を鍛える「ファンダメンタルトレーニング」を公開した。

 4つのコーンに掛け声とともにタッチする動きや、ラダーの間を細かいステップで走る動きといったいくつかのトレーニングを1つのセットとして何度も繰り返す。

 その最後にはシャドーボクシングを行うのだが、とことん追い込まれた後とは思えないスピード感のある動きを披露した。
インストラクターに挟まれにっこり
天心vs堀口については「天心有利」と予想

 大雅はキックルールで原口健飛と対戦する。

 原口については「すごくいい選手。これからどんどん伸びてくると思う」と評価するも「今の時点では自分とやるのは早いよっていうのを見せたい。ここで負けてるようではダメ」などと自信を見せた。

 また「自分の動きには絶対ついてこれないと思う」とここでも今回公開したトレーニングの成果を強調した。

 今大会のメーンで行われる那須川天心vs堀口恭司戦については「天心君に勝てほしい。堀口選手が勝ったら総合に戻っちゃうと思うので」と話した。そして試合内容については「総合の打撃とキックの打撃は違う。堀口選手はキック慣れはしていないと思う。総合では受けたことがないような蹴りとかに、戸惑うのでは」と天心有利と予想した。