堀口恭司 KIDさんの「いいじゃん、いいじゃん」という言葉が頭に残っている【9・30 RIZIN】

公開練習を行った堀口恭司
「RIZIN.13」のメーンで那須川天心と世紀の一戦

「RIZIN.13」(9月30日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する堀口恭司が9月27日、東京都内で公開練習を行った。

 堀口はメーンでキックボクシングルールで那須川天心と対戦する。

 この日は3分間のシャドーを披露。いつもの公開練習のようにタックルのフェイントといった動きはもちろんなく、パンチに回し蹴り、ヒザ蹴りをまじえた軽快な動きを見せた。

 練習後の会見では「ATTで打撃をメーンに練習してきた。ATTにはキックのトレーナーもいるので、そういう人に見てもらっていた。(栃木の空手道場)一期倶楽部では二瓶さんの一番下の息子さんに練習を見てもらった。当日も裏についてくれてアップを手伝ってくれることになっている」とここまでのトレーニング状況について話した。
シャドーでは多彩な蹴りを見せた
「試合は自分の想像通りには進まない」と達観した物腰

 那須川との試合については「自分のベースは空手。空手をベースにMMAの打撃を入れていこうと思っている。純粋なキックボクシングをやるつもりはない。(那須川は)ストレートとか回転系の技を当てるのがうまい。そこをどう攻略していくか。その糸口は見えている。寝技がない分、タックルに入られることがないので、いつもより空手のスタイルはちょっと出していこうかなと思っている」などと話した。

 総合格闘家がキックボクシングの選手と戦う場合、ローキックに悩まされる事が多いのだが、「自分のほうが距離が遠いので、そこは問題ない」と不安は微塵も感じさせない。

 試合展開については「試合って自分の想像通りには進まない。しっかりタイミングを見ながらKOを狙っていきたい」と話す。ファンの間では短期戦なら堀口、長期戦なら天心といった予想の声もあがる。那須川は公開練習時にファーストコンタクトの重要性を口にしたが、堀口は「やってみないと分からないことだが、タイミング次第。早く終わる展開が来れば早く終わるし、長期になる展開になれば長期戦になる。どちらでも対応できる練習をしてきました。そこ(ファーストコンタクト)ばかり狙ってもしようがない」などと達観した物腰で語った。
初めてKIDさんの死について公の場で語る堀口
KIDさんへの思いについては「SNS上で言わなくても心の中で思っていればいい」

 最後にかつての師匠である山本“KID”徳郁さんの急逝について「自分は試合の前に2人の師匠を亡くして心に来るものはありますけど、そこはしっかり割り切ってやらなければいけないと思っている」と話した。堀口はKIDさんの死についてはこれまでSNS上で発言することもなく、これが公の場で初めての発言となったのだが「自分がSNSにそういうものは上げないのは、そういうところで言わなくても心の中で思っていればいいという考えがあるから。だからそんなにSNSとかには上げないようにしています」と話した。

 KIDさんに最後に会ったのは約1年前で、KIDさんとの思い出について「自分がアドバイスをもらおうとしても“いいじゃん、いいじゃん”しか言わないので、それが頭に残っています。決めつけないで、自分のやりたいように、自分のスタイルを崩さないように、という教え方でした」と語った。