浜崎朱加「日本一の戦いを」 黒部三奈「泣かせるような試合を」【9・30 RIZIN】

浜崎朱加
浜崎「長くやるつもりはない。2Rで仕留めたい」

「RIZIN.13」(9月30日、埼玉・スーパーアリーナ)の全選手インタビューが28日、東京都内で開催された。

 女子アトム級の今後を占う重要な一戦となる浜崎朱加と黒部三奈がそれぞれ会見に臨んだ。

 浜崎は「痛いところもなく順調に調整できたのでバッチリ。今はワクワクしている。それは黒部さんが相手だからというのもあるし、試合を早くしたいなっていう気持ちが強い」と好調な仕上がりを口にした。

 浜崎はRIZIN初参戦となった5月の福岡大会で判定勝ちに終わり悔し涙を流したのだが「自分の思ったことができない悔しさがあったし、最低でも一本を取るという目標が達成できず表情に出てしまった。今回はしっかり一本を極めて勝ちたい」と振り返った。

 対戦する黒部については「しつこくて粘り強い。一番の強みがそこなので消せるようにして、しっかり仕留めたい。(黒部のように)ずっと同じパフォーマンスで来る選手とやったことがないのでちょっと怖いけど、長くやるつもりはない。2Rで仕留めたい。今回はいいカードがたくさんある。その中で女子が2試合あるが、軽量級とはいえ日本一の戦いを見せられればいいなと思っている」などと話した。
黒部三奈
黒部「こんなバリバリに動けている40代がいるんだぞ、というところを見せたい」

 一方の黒部は「コンディションはばっちり。スタミナもそれなりのトレーニングはやってきたのでばっちりだと思う」と好調子をアピールした。

 浜崎との対戦については「“いきなりか”という思うはありましたが薄々は感じていた。強い選手だし、今までやってきたことが通用して勝てればいいなという感じ。怖さとうれしさが半々」と話し、自分が浜崎より上回っていることについては「勝ちにいく執念みたいなもの。気持ちでは負けないんじゃないかと思う」と話した。

 浜崎が元Invicta FC世界アトム級王者、黒部は現DEEP JEWELS アトム級王者とトップ同士の対決となるのだが「一番仲のいい藤森(洋子)さんが浜崎さんとも知り合いで、“試合中、感動したら泣いちゃうかも”と言っていたので、泣かせるような試合をしたいです。自分自身、本当にやるだけのことはやっているが、まだ自分に自信があるわけではないので、お互いに今出せるものを出し合って会場を盛り上げられる試合ができればいいなと思う」と話した。

 最後に「こんなバリバリに動けている40代がいるんだぞ、というところを見せたい。まだまだ伸びているし、もっと勉強することがいっぱいあるし、まだまだ強くなれる要素がたくさんあると思っている」と世間のアラフォーに向けてメッセージを送った。