渋谷騒然! 宣伝カーから阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大「もっと反応して」

 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開前イベントが1日、SHIBUYA 109前にて行われ、阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大が宣伝カーに乗ってサプライズで登場した。

 同作は、阿部演じる驚異の歌声を持つロックスターのシンと、吉岡演じる異様に声の小さいストリートミュージシャン・ふうかが出会ったことから巻き起こる“ミラクル”を描く、三木聡監督の最新作。
 イベント冒頭に登場したお笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希と酒井健太は「今日はこれからもっとすごい人が来ますよ」「僕らのためにこれだけ報道陣が集まることはないですからね」とやや自虐気味に通行人に呼びかけつつ、場を盛り上げる。すると目の前に“音タコ”のラッピングが施された宣伝カーが…。車から阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大が下りてくると、周辺は一気に騒然となった。
 タイトルにちなみ最近「~しろ、タコ!」と思ったことは、と聞かれると阿部は「先日、家電量販店に行ったら中国人の店員さんが中国語で話しかけてきたんです。ずっと中国人だと思われたみたいで。日本語で答えたら日本人の店員さんが来てくれました」というエピソードを披露。すると平子が「いっぱい買ってくれそうに見えたんでしょうね(笑)」とコメントし、登壇者も大いに納得。吉岡は「乗ってきた宣伝カーが派手じゃないですか、なのに誰一人振り向いてくれなくて。もうちょっと反応しろ、タコ!と思いました」。すると阿部は「意外と気づいてほしいんだよね、僕たち」と本音を吐露。渋谷にはよく来るがあまり気づかれないという千葉も「実はもうちょっと気づいてほしい(笑)。仕事を頑張らないといけないですね」と、意外な本音を明かしていた。
 そんな千葉は「最近、雨がよく降るので洗濯物が濡れて洗いなおさないといけない。自分に対してなんですけど、悔しい。今日帰ったら洗い直したい…と言いつつ、また1週間くらい平気で放置しちゃう」。それを聞いた平子が「“千葉雄大、いい加減にしろ!タコ”ですね。ここまで美しいと僕たちが煮っころがしにしか見えない。かと思うと今みたいな、洗濯物の日常的なトークを出してくるでしょ。ファンが見てなかったら蹴りあげたいくらいですよ」と羨望をあらわに。すると阿部が「(千葉は)すべて計算でやっております(笑)」。本作で演じた“裏の顔をいくつも持つ”マネジャー坂口役は、ぴったりな役どころだったのかも。そんな千葉は「“いい曲ばっかじゃねーか、タコ!”。お話もいいんですけど、曲が全部良くて。最近いつも聞いています」。シンが歌う主題はL'Arc~en~Ciel・HYDEが作曲。阿部も「頂いたデモテープにはHYDEさんの声で入っているんです。最初(自分には)これ無理です、と言いました(笑)」とHYDEの歌マネをしつつ、音楽の豪華さをアピールしていた。

 映画は10月12日より全国公開。