渡辺直美、アイドル風ミニスカで青森りんごをPR「中身が見えちゃってる」



 渡辺直美が2日、都内で行われた、自身がPRキャラクターを務める青森りんごの新しいプロモーションの第1弾「毎日たべよう青森りんご お披露目イベント2018」に出席した。
 
 2015年からPRキャラクターを務め、「りんご姫」「リンゴアフロヘア―」、「りんごの女王様」などりんごをあしらったコスチュームで注目を集めてきたが、4年目の今年は80年代アイドルをイメージした「りんごアイドル」で青森りんごをアピールする。

 胸にりんごのモチーフ、りんごの皮のようなヒラヒラスカート。「りんごアイドル」の装いで登壇した渡辺は「思ったよりスカートの丈が短くって、(カメラマンが座っている舞台の)下から見るとたぶん中身が見えちゃってると思う……」と、照れ笑い。

 イベントでは、おいしそうにりんごを食べる新CMもお披露目。MCの「麗しいかぎりですね」という感想に「アイドル風ということで、可愛らしい感じで……」と、大笑いだった。


 この日は、元スピードスケート選手でオリンピアンの岡崎朋美も出席。選手のころからりんごは欠かせないそうで「疲労回復のクエン酸、栄養も含んでいますので合宿所とかでは毎日でていた」。また、現役を退いてからは体重をコントロールするために、空腹時にりんごを食べるなど、りんごは不可欠のようだった。

「1日1個のりんごが医者を遠ざける」とも言われるりんごには、高血圧を予防するカリウム、生活習慣病を予防する食物繊維、美白美肌、老化防止に効果があるといわれるりんごポリフェノールなどを含む。ダイエット効果も期待できるという。
りんごは輪切りで!
 この4年間、意識してりんごを食べるようになったという渡辺。「りんごを食べてきれいにになったりとか……いろいろ言っていましたけど、その分、ごはんを取るようにして、体系維持をしています」とのこと。
 
 報道陣に体系維持は大切かと問われると、「デブキャラの人が急に痩せたら急に痩せたら心配になりません? なので徐々に。30を越えたのでそろそろ痩せようかなとは思っています。太ってるのに全部筋肉みたいに力士みたいな鍛え方をしたい」とした。体重のマックスは現在の107キロで、ベストは85~90キロだという。
【徳井健太の菩薩目線】第5回 脳を騙せば何だってできる。俺はフリスクで自分の脳をだました
【第31回東京国際映画祭】TIFFならではの秀作集う映画ファン必見部門
【インタビュー】avengers in sci-fiは、アップデートし続ける
オーストラリアの劇団バック・トゥ・バック・シアターのユニークな野外劇が日本初演!
【第31回東京国際映画祭】今年の映画祭アンバサダーは松岡茉優
【明日何を観る?】『億男』『ザ・アウトロー』