シールドが前哨戦負け越し&番外戦でも戦闘不能【10・1 WWE】

シングル3戦後の乱闘ではストローマンがレインズをランニングパワースラムで沈める(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
シングル3戦は2勝1敗でストローマン軍が勝ち越し

 WWE「ロウ」(米国現地時間10月1日、ワシントン州シアトル)でシールドの3人が「スーパー・ショーダウン」で対戦するブラウン・ストローマン、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイアとそれぞれシングルマッチで対戦した。

 ディーン・アンブローズ対ストローマン戦ではアンブローズがランニングパワースラムを食らったところにローマン・レインズが介入してストローマンの反則勝ち。続くレインズ対ジグラー戦ではジグラーのローリングクラッチホールドを凌いだレインズがスピアーを炸裂させてピンフォール勝ち。
最後はストローマンマン軍がシールドを蹴散らす(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
拳を合わせるポーズをパクってシールドを侮辱

 1勝1敗で迎えたセス・ロリンズ対マッキンタイア戦ではロリンズがスーパーキックでマッキンタイアを沈めてチャンスを作るも、ジグラー乱入に気を取られたロリンズがマッキンタイアのクレイモアを食らって敗戦。前哨戦のシングル戦3試合は1勝2敗と負け越してしまった。

 この試合後にはレインズとアンブローズがロリンズの救援に駆け付けると、ストローマンも現れて両チーム入り乱れての大乱闘。しかし、アンブローズはジグラー&マッキンタイアの連携技、レインズはストローマンのランニングパワースラムで沈められてシールドは戦闘不能に陥った。

 ストローマンら3人は拳を合わせるポーズを真似てシールドを侮辱すると意気揚々とリングを後にした。