里村明衣子が「メイ・ヤング・クラシック 2018」準々決勝進出【WWE】

里村が得意技のスコーピオライジングで勝利(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
必殺のスコーピオライジングが炸裂

 世界12カ国から集められた32名が競い合うWWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック 2018」のトーナメント2回戦で日本が誇る“レジェンド”里村明衣子がアメリカ出身のメルセデス・マルチネスと対戦。勝利を収め準々決勝進出を決めた。

 試合前「技術で上回りたい」と語った里村はその言葉通りメルセデスの腕をひねり上げると、キック3発からの足払い、続けざまにダブルニーも食らわせて試合のペースを握る。

 途中、メルセデスの激しい打撃やネックブリーカーを食らって苦しんだ里村だったが、アームバーでメルセデスの勢いを止めるとコーナートップからのフロッグスプラッシュや側転からのダブルレッグを炸裂。終盤、メルセデスが渾身のフィッシャーマン・バスターを決めるも、カウント2で返した里村はスピニングキックを叩き込むと、メルセデスの膝に飛び乗ってスコーピオライジングを叩きつけて3カウントを奪った。

 里村は次戦の準々決勝ではタイナラ・コンティを破ったレイシー・レーンと対戦する。
トニーと松本は日本流のテクニカルな動きも見せた(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
松本浩代はトニー・ストームに丸め込まれ、無念の2回戦敗退

 日本から参戦した“レディ・ゴジラ”こと松本浩代は2回戦で強豪トニー・ストームと対戦。以前、日本のスターダムに所属していた時期もあるトニーと松本はシングルマッチで対戦したこともあり、手の内を知り尽くした仲。

 ミサイルキックからのスープレックスで松本がトニーを投げ飛ばせば、トニーもフィッシャーマンズ・スープレックスでフォールを狙うなど互角の攻防を展開する。

 続けて松本がランニングクローズラインから逆片エビ固めでトニーを締め上げ、ロープに逃げたトニーにダブルニーを叩き込む。さらにクローズラインの連打でトニーを追い込むも、トニーはそれをかわすとくるりと丸め込みカウント3。松本は無念の敗退となった。

「メイ・ヤング・クラシック 2018」はWWEネットワークで毎週木曜日に準決勝まで配信され、決勝戦はWWE史上初の女子のみのPPV「エボリューション」(日本時間10月29日)で行われる。