“警察署長”吉田羊、横浜駅構内をパトロールして通行人ビックリ

 WOWOWの『連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~』放送に合わせたキャンペーンイベントが3日、横浜にて行われ、主演の吉田羊が神奈川県警1日警察署長として、サギ撲滅を訴えた。

 同作は、吉田演じる女性刑事と神奈川県警捜査一課の活躍を描くクライムサスペンス。

 この日は戸部警察署長・新村晃一氏や神奈川県警のキャラクターたちに続き、警察の制服姿に身を包んだ吉田が颯爽と登場。警官の制服があまりに似合う吉田に、観衆からも大きな歓声が飛ぶ。
 冒頭、吉田は「こんにちは。本日、大役を仰せつかった吉田羊です」と挨拶すると「本作は神奈川県でもロケを行っていまして(キャストの)永山絢斗さん、滝藤賢一さん、光石研さんたちと横浜中華街で食事したことも、とても楽しい思い出になっています」と神奈川ロケを楽しんだことを明かした。吉田はパート1放送の際にもサギ被害撲滅をアピールしており「2年前にも訴えましたが、残念ながら被害は増え続けています。自宅の電話を留守電設定にしたり、迷惑電話防止機能がついた電話機に交換することも有効です!」と予防法をキビキビと伝授。

 さらに「ご家族におじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃる方は、連絡を密に取り合い、家族の絆でサギを防いでください」と強く訴えた。その姿は本物の婦人警官さながら。その後、高らかにサギ撲滅宣言文を行った吉田は「サギ撲滅キャンペーン」の防犯パトロールということで、JR横浜駅構内を行進。突然の人気女優の登場に、横浜駅は騒然。最後に吉田は横浜を舞台としたドラマのアピールとともに「多発している振込みサギをみなさんとともに無くしていきましょう」と通行人に訴えていた。

 ドラマは10月13日よりWOWOWプライムにて毎週土曜22時より放送。