舞台『七色いんこ』が開幕! 乃木坂の伊藤純奈「全体の絵を意識して」

(C)舞台「七色いんこ」製作委員会
 乃木坂46とけやき坂46が共演することで話題の舞台『七色いんこ』が4日、渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyo で開幕した。手塚治虫の不朽の名作を舞台化。代役専門の天才役者で泥棒という七色いんこを主人公にした犯罪活劇で、七色いんこを乃木坂46の伊藤純奈、いんこを追う警視庁の刑事でヒロインの千里万里子を、けやき坂46の松田好花が演じている。
(C)舞台「七色いんこ」製作委員会
 初日公演前に公開稽古が行われ、伊藤と松田が取材に対応。

「稽古中に私と好花ちゃんが揃う時間がちょっと少ないなか、演出家の三浦(香)さんを始め、キャストの皆さんがすごく優しく、いろいろなことを教えてくださったので、なんの心配なく初日を迎えられそうです」と、伊藤。

 松田も「初日を迎えるにあたってとても緊張していて、どうなってしまうんだろうという気持ちがあるのですが、演出家の三浦さんも共演者の皆さんも、たくさんアドバイスをくださったので、それをしっかりと本番の舞台で活かせるように頑張りたいと思います」と、意気込んだ。
(C)舞台「七色いんこ」製作委員会
 本舞台の見どころについて、伊藤は「セットや衣裳が今までにない感じで、そのあたりもすごく楽しんでいただけるのではないか」としたうえで、「特にセットは大きく動くので、一人ひとりをフォーカスして観るだけでなく、全体の絵を意識して観ていただけたらいいいなと思っています」。松田も「全体的におしゃれ。美術館を見ているような気持ちになっていただけるのでは」と話した。

 8日まで同所で。