最高のキャストが揃ったKAAT神奈川芸術劇場プロデュース『セールスマンの死』


 KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督を務める白井晃が最も信頼する劇作家・演出家の一人である長塚圭史が同劇場プロデュース公演で2作目の演出作品を手掛ける。長塚は自らの作品はもちろん、三好十郎、ハロルド・ピンターといった近代戯曲を取り上げることも多く、昨年は同劇場でイタリアの作家ルイージ・ピランロッテの『作者を探す六人の登場人物』を上演し、好評を得た。

 今回、長塚が手掛けるのはアーサー・ミラーの『セールスマンの死』。テネシー・ウィリアムズとともにアメリカ現代演劇の旗手と呼ばれるアーサー・ミラーの地位を確立した代表作だ。

 主人公に風間杜夫、その妻に片平なぎさ。長塚は「風間さんが出演してくださらなかったら、今『セールスマンの死』を上演することはなかった」といい、片平についても「前からお仕事をご一緒したかった」と最高のキャストが揃ったという印象。

 風間もこれまで演じてきた役とは大きく異なることから「役者としての力量だけではなく人間そのものが問われる時に来たような気がして、いささか身が震える」とこの作品に臨む決意を見せている。
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『セールスマンの死』

【日時】11月3日(土・祝)〜18日(日)(開演は3、4日はプレビュー公演で17時開演。水金19時、木土日14時。月火休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)
【会場】KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉(日本大通り)
【料金】全席指定 S席8500円、A席6000円/U24チケット(24歳以下)3000円/高校生以下割引 1000円/シルバー割引(満65歳以上)8000円。※プレビュー公演(3、4日)5500円。※U24、高校生以下、シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口で取り扱い(前売のみ、枚数限定)。
【問い合わせ】チケットかながわ(TEL:0570-015-415=10〜18時)
【原作】アーサー・ミラー
【演出】長塚圭史
【出演】風間杜夫、片平なぎさ、山内圭哉、菅原永二、伊達暁、加藤啓、ちすん、加治将樹、菊池明明、川添野愛、青谷優衣、大谷亮介、村田雄浩