池袋西口公園で『野外劇 三文オペラ』を上演【東京芸術祭】

『野外劇 三文オペラ』を演出するジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ
宮城聰セレクトによる「東京芸術祭直轄プログラム」10月18日からスタート
 
 東京・豊島区池袋を中心に開催してきたフェスティバル/トーキョーをはじめとする4つの舞台芸術事業が集まって2016年から開催されている「東京芸術祭」が、今年も9月1日から開催中だ。

 今年からこの東京芸術祭に総合ディレクターとして宮城聰が新たに就任。これまでの4つの事業に加えて、宮城がセレクトした全6演目からなる「東京芸術祭直轄プログラム」を立ち上げた。

 そのスタートを飾るのが、10月18日(木)開幕の『野外劇 三文オペラ』。

 日本でもなじみのあるブレヒトの戯曲を大岡淳による新訳で、イタリアを代表する演出家の一人ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティが自らオーディションした日本人キャストで、池袋西口公園を舞台とする野外音楽劇で上演するという、宮城の肝いりの企画となった。オーディションで選ばれたのは「ナイロン100℃」の廣川三憲や「柿喰う客」の淺場万矢ら。多彩でありながらも海外の演出家の目線ならではで、国内ではなかなか見られない配役となっている。

 この公演について宮城は、「いまの東京には、“劇場に行く楽しみを知っている人”と“それを一切知らない人”の2種類の人々がいます。そこで、劇場を飛び出し、囲いさえ作らずに上演し、チケット代は“三文”というわけにはいきませんが、ワンコインにします。遠巻きに眺めるぶんにはタダです。そういう方々に音だけでも楽しんでもらえるよう、音楽劇を選びました。途中から観ても良いし、途中で立ち去ってもかまいません。ただし、クオリティは一流でなければ意味がありません。“敷居が下がったぶん、クオリティも下がった”となっては、演劇とは面白くないもの、という先入観を広げる役にしか立ちません」と語る。ワンコインという破格の公演のため既にチケットは完売しているが、宮城のコメントの通り、無料の鑑賞エリアが用意されている。通りすがりの人も一流の演劇を楽しめるという、芸術祭=お祭り的な体験ができるはず。
『ガラスの動物園』(©Elisabeth Carecchio)
 さらに、フランスの実力派ダニエル・ジャンヌトーが、7年前に宮城の提案で静岡県舞台芸術センター(SPAC)の日本人キャストで上演した『ガラスの動物園』をフランス版のキャストで再演。
『ダーク・サーカス』(©STEREOPTIK.)
 そしてフランスからはもう1演目、ステレオプティックというデュオによる話題のライブ・アート・パフォーマンス『ダーク・サーカス』が日本に上陸する。木炭画、砂絵、水絵、影絵、アニメーションといったさまざまな「お絵かき」とライブ演奏によって、言葉の壁も気にすることなくユーモアあふれる物語を楽しめる。
『空は翼によって測られる』(撮影:猪熊康夫)
 このほかカメルーン出身の振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカムによる2公演『空は翼によって測られる』、『アダルト版 ユメミルチカラ』―かたや静岡の中高生、かたや55歳以上の女性とともに作られるダンス演目、そして台湾映画の巨匠・候孝賢の映画『珈琲時光』(04年)からインスピレーションを得た、第七劇場(日本)とShakespeare’s Wild Sisters Group(台湾)の日台国際共同プロジェクトとなる『珈琲時光』など、国際色・個性豊かな演目がこの秋、東京芸術劇場を中心とする会場で続々と上演される。

 東京芸術祭2018は、ほか4事業の公演を含めて12月9日まで開催中。
『アダルト版 ユメミルチカラ』
『野外劇 三文オペラ』
【日程】10月18日(木)〜28日(日)*23日休演 *小雨決行【会場】池袋西口公園【作】ベルトルト・ブレヒト【音楽】クルト・ヴァイル【訳】大岡 淳【演出】ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ【音楽監督】原田敬子【衣装デザイン】澤田石和寛
【料金】500円(完売) *無料観劇エリアあり

『ガラスの動物園』
【日程】10月27日(土)、 28日(日) 【会場】東京芸術劇場 プレイハウス【作】テネシー・ウィリアムズ【演出・舞台美術】ダニエル・ジャンヌトー【料金】全席指定 前売 一般3500円、U29(29歳以下)2000円。当日券はいずれも+500円。未就学児入場不可

『ダーク・サーカス』
【日程】10月27日(土)〜29日(月) 【会場】東京芸術劇場 シアターウエスト【原作】ペフ【作・出演】ステレオプティック(ロマン・ベルモン、ジャン=バティスト・マイエ)【料金】全席指定 前売 一般3500円、U29(29歳以下)2000円。当日券はいずれも+500円。7歳以上推奨
『珈琲時光』
『空は翼によって測られる』 
【日程】11月3日(土)・ 4日(日) 【会場】あうるすぽっと【振付・演出】メルラン・ニヤカム【料金】無料(要予約)

『アダルト版ユメミルチカラ』
【日程】11月2日(金)〜 4日(日) 【会場】東京芸術劇場 シアターイースト【振付・演出・出演】メルラン・ニヤカム【料金】無料(要予約)

第七劇場 × Shakespeare’s Wild Sisters Group 日台国際共同プロジェクト Notes Exchange vol.3 『珈琲時光』 
【日程】10月24日(水)・25日(木)【会場】東京芸術劇場 シアターウエスト
【原作】侯 孝賢『珈琲時光』(映画) 【翻案】王 嘉明【演出】王 嘉明、鳴海康平        
【料金】整理番号付自由席・無料(要予約)。未就学児入場不可

【詳細】東京芸術祭公式サイト(http://tokyo-festival.jp/)